ここから本文です

シノゴやバイテンなどのカメラを使っている人、いた人に質問です。ズームレンズが...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1222:57:59

シノゴやバイテンなどのカメラを使っている人、いた人に質問です。ズームレンズがあればとは思いませんでしたか。ああいうカメラが廃れたのはズームがないからだと思います。

閲覧数:
76
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pho********さん

2019/1/1312:24:23

4×5や8×10などの三脚前提の撮影ではズームの必要を感じた事は有りません。

個人的にはデジタル化して、ゴミ問題でレンズ交換を減らす為にズームを導入するまでは、特にズームの必要が有りませんでした。

F5を使っていた時もレンズの半数は単焦点マニュアルのAiレンズで不便なく使えておりました。

ズームに慣れてしまうと、ズームばかりになりますが、レンズの本数を揃えて、大荷物で問題無い時代は、ズームレンズの有無は関係有りませんでした。

  • pho********さん

    2019/1/1312:26:13

    それよりもズームで暗くなる事の方が、グラスでのピント合わせで辛いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/13 13:31:05

なるほど!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

die********さん

2019/1/1312:51:58

機動性でしょズームじゃないとおもいますよ。
バイテンのズームってのが面白いですね~

xlf********さん

2019/1/1304:50:49

思いませんでしたが、ありだったとも思います。
貴方の思い付きは、ある面、放送局のVTRカメラで実体化されてるとも。
大きいレンズのズームレンズは、重く、バカ高い。
カメラセット全体が、強度を考え大きく重くなる。
ほら、放送局のビデオのようにコマ付きでないと移動も一苦労なシステムになる。

必要最小限であのカメラセットが実用的だったのよ。
少なくともズームのせいじゃなかったということですね。

撮るだけならあんな枠組みでなく、
四角い箱にピント合わせる蛇腹をつけるだけで良いでしょ?
でもそうじゃなかった。

なんでかなぁ~なんでかなぁ~何故がなんでだろ~。
そもそもあの手のカメラの使い道を知らずに、
一眼レフと同じ目線で考えるからそんな発想が出たのでしょうけどね。

pho********さん

2019/1/1300:34:18

バリフォーカルレンズは有ったと記憶していますが売れたのですかね。欲しいとも思わなかった。ズームが出来て何のメリットがあるのですか。三脚にドリー付けて移動しますか。歪曲はどうしますか。思い付きで質問されてもなあ。

廃れたのは、フィルム性能や印刷技術が向上したからです。そして、大きくて扱いにくいですからね。いまのカメラマンってビューカメラ使えない人多いです。露出計のないカメラで写真撮れない人多いです。

pit********さん

2019/1/1223:13:00

>ズームレンズがあればとは思いませんでしたか。
思いませんでした。

>ああいうカメラが廃れたのはズームがないからだと思います。
基本的には撮影コストの問題が大きく、コストの安い中判に移行しただけです。また撮影技術の無い人でも小型カメラの自動化でとりあえず写る様になった結果、写真に関わる人が増えて、大判カメラを使う技術習得する人が目減りしたのも理由の一つでしょう。

現在スマホのカメラ機能で必要十分な人は山ほどいて、
そのうち「一眼レフなどの本格的カメラが廃れたのは・・・」
なんて質問も出るのかもしれませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる