ここから本文です

分散剤としての炭酸カルシウムの役割について

puf********さん

2008/10/2618:09:15

分散剤としての炭酸カルシウムの役割について

懸濁重合を行なう際に、溶媒(ポリビニルアルコール(PVA)+水)に不溶なモノマー(酢酸ビニル)、開始剤を入れた後に、分散剤として炭酸カルシウムを入れました。この分散剤の役割は、分散させることなのでしょうが、界面活性剤であるPVA以外に炭酸カルシウムを入れるのはなぜなのでしょうか?溶液中での炭酸カルシウムの具体的な動きを交えて教えていただけると幸いです。

閲覧数:
3,760
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2008/10/3119:16:49

炭酸カルシウムは水にあまり溶けませんから、炭酸カルシウム表面での固-液界面で反応を進ませるためではないですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる