ここから本文です

多肉植物の冬の水やりについて質問です。 現在、ユーフォルビア3種(オベサブロ...

tan********さん

2019/1/1412:00:54

多肉植物の冬の水やりについて質問です。

現在、ユーフォルビア3種(オベサブロー、パイナップルコーン、ミルクトロン)、オプンチア1種(バニーカクタス)、マミラリア1種(赤花
銀手毬)を育てています。

関東で、冬は室内

で育てています。
2~3号鉢で、買ったばかりなのでどれも状態は良好です。

育て方が書かれた紙には「土が乾いたらたっぷりと」、
バニーカクタスのものには「霧吹きなどで水を、冬は3週間に一度」と書かれています。

しかし、ネットで調べると「冬は断水」「冬は水をあげても土の表面がさっと湿る程度」「霧吹きは使わない方が無難。やるなら冬のみ」などと書いてあります。

自分は以前からバラやクレマチス等の宿根草を戸外で育てていたこともあり、「水やりは土が乾いたらたっぷりと鉢の底から滲み出るくらいやり、受け皿に出た水は捨てる」という水やりが染み付いており、多肉植物の水やりの感覚がまだよく掴めないでいます。

とくに「冬は水をあげても土の表面がさっと湿る程度」というのはかなり不安になってしまいますが、冬はそのくらいでも十分なのでしょうか?

植物の育て方には正解がなく、生育環境や個体や人によって様々に違うという点を理解した上で伺いたいと思います。

みなさん
多肉植物の水やりはどのようにされていますか?

閲覧数:
127
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ana********さん

2019/1/1504:09:39

参考までに。
水やりに関しては様々なことが書かれているが、そのほとんどは「かなり昔の話のコピー」です。
ちなみに、私は埼玉県西南部に住んでいて、寒いときは「-3度以下」になることもあるところに置いているが、断水などしたことがない。
それどころか、私の水やりの基本は「土が乾く前に」なので、真冬でも土が完全に乾くことは有りません。
それでも問題なく育つんだがね。

で、霧吹きはバカがやることだよ。

人によって水やりは様々で、自分の有ったやり方は自分で探すしかないんだがね。
同じやり方でも、人が違うと結果に違いが出ることが多いので。
これは使う土にも言えるんだがね。

  • 質問者

    tan********さん

    2019/1/1519:16:11

    回答ありがとうございます。

    環境によっては、
    土が乾く前に水やりをする場合もあるのですね。
    -3度以下でも元気に育つんですね。

    逆に言えば、
    多肉植物の状態をきちんと観察して
    適切なお世話の仕方を見出せたら、
    わりとどんな環境でも生きていける可能性
    があるということなんでしょうか。

    多肉植物、やっぱり奥が深いですね。

    前々から多肉植物は
    徒長させずに綺麗な形を維持して育てようと思ったら
    案外難しそうだぞ、むしろ宿根草の方が単純で分かりやすそうだ
    と思っていました笑

    初心者なので、気負わず
    たのしんで育てたいと思います。

    霧吹きはやめておきます笑

    ありがとうございました!!

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2019/1/1509:14:00

冬と言っても屋外ならなるほど冬ですが、暖房の効いていない室内なら晩秋くらい、暖房の効いた部屋なら初秋や晩春くらいの温度じゃないでしょうか。
温度や用土の種類や量などの環境が違えば育て方の違ってくるのが当たり前だと思います。
多肉植物も一般の植物と同じく根で水分を吸収しますから、霧吹きで水やりするのはナンセンスだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

elc********さん

2019/1/1417:07:16

同じく関東西部平地の、少し寒い地域に住んでいます。
冬は室内でも日当たりが良いと日中30度くらいになり、寒い日の夜は5度くらいに下がります。
この環境で、鉢が2~3号と小さいですから、土が完全に乾いてしまわないよう、結構頻繁に水やりした方がいい様に思います。私なら、晴天が続けば4~6日に一回はやりたいと思います。サボテンや多肉植物でも土が乾き過ぎると根が枯れて水が吸えなくなり本体も縮んでしまうので、そうならないような頻度で水をやれば、春からの生育も順調になります。日々の観察が大切で、生気がなくなる前に水をやるようにします。水をやる場合、鉢底まで行きわたるよう、底の穴から滲み出るまでやります。

霧吹きは埃を被った時は洗い流す意味で有効でしょうが、それ以外では害があっても益はないでしょう。冬は気温が低く乾きにくいのでやらない方が安全です。

5号鉢以上の大きな鉢なら、なかなか乾かないので、種類によっては断水する事もあります。
大体、夏型で冬はほとんど活動しない、例えばアガベ、パキポデゥムなどの大型の個体なら、断水でも耐えます。
他は冬型は勿論、春秋型は冬でも生育しているので、ある程度の水やりは必要です。

以上、私なりのやり方で、他の人はどうするのか、それぞれの自論が有るはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる