ここから本文です

剣や刀の部位名称について

アバター

ID非公開さん

2019/1/1513:36:05

剣や刀の部位名称について

剣先から
①刀身
②象眼?
③つば?
④持つところ:柄(つか)
⑤??(つかの先っぽ)

なんか名前気になりました。
上記の認識であってますか?
??のところは自信はありません

絵の拙さはすみません

刀身,先っぽ,象嵌,剣先,部位名称,柄頭,石突き

閲覧数:
26
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

melrinseさん

2019/1/1514:28:01

・・・槍などですと石突きという部分で、

日本では呼び名が多数あり、

包丁などですと柄尻(えしり)と呼びますが、

日本刀でも同様に呼ぶ場合もあり、

柄尻でもある先の金具は柄頭(つかがしら)とも呼びます。




海外ですと柄頭=ポンメル (Pommel)と呼び、

主に、武器のすっぽ抜け防止と刀身との重量のバランスを

取るためのカウンターウエイトの役割で

金属製の重り(装飾)が付けられる事が多い。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる