ここから本文です

胸部レントゲンで肺がんを見落とす可能性はどの程度ありますか?

cgs********さん

2019/1/1623:27:18

胸部レントゲンで肺がんを見落とす可能性はどの程度ありますか?

閲覧数:
179
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kk5********さん

2019/1/1700:06:00

早期の肺がんほど陰影は淡くなり、1円玉と同じ大きさの2センチ以下のがんはなかなか見つけにくく、1センチ以下だと見つけることは困難です。3センチ以上であればまず間違いなく発見できます。ですので合言葉は2センチの肺がんを見逃すなになります。肺がんが小さいと見つけにくいのは、X線が写し出す胸の構造にあります。写し出されるのは50%以上が心臓、肋骨、血管などで心臓や肋骨は白く写り、肺は黒く写り、がんは肺の部分に白く写ります。心臓、肋骨、血管などと重なっているがんははっきり写りません。また、乳頭と重なっていると肺がんが分からない場合もあります。検診は2人の医師が画像を検査して怪しい場合は1センチの肺がんもわかりやすい胸部CT検査で高精度に撮影して調べてくれますし、

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roe********さん

2019/1/2022:21:25

>可能性はどの程度ありますか?

可能性といわれると、難しいですが、早期はかなり無理。

進行ガンならわかります。

mya********さん

2019/1/1714:53:55

そうですね、見逃す場合も十分有りますよ、X-P検査(レントゲン)は正面より映す為に肺の縦隔などの場所は骨と重なって映る為に見逃す場合も有ります、一番は原発性肺がんの大きさです、X-P検査(レントゲン)だとmm単位だと解らない時が多く有る程度癌細胞が大きく(10mm以上)にならないと解らない時が有ります、それと画像を読み取る医師の技量です、怪しいと思えばCT検査が良いですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/1/1700:08:14

数十%はある。だいたいレントゲンだけで診断などしませんから
CT若しくはMRIを使いますよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる