ここから本文です

主に、妖怪、怪異、魔物、悪鬼、鬼神、などと言われるものたちが扱われ、主題に描...

まくりさん

2019/1/2616:04:24

主に、妖怪、怪異、魔物、悪鬼、鬼神、などと言われるものたちが扱われ、主題に描かれている書籍やコミックのオススメを教えてください。

なぜかここ2ヶ月ほどの間、こういった「あやかし」に

類する創作物に飢えています。
手当たり次第に読んでいますが満たされないもので、こちらに質問をしてみることにしました。

最近の出版物でも、古典でも構いません。
タイプやジャンルもこだわりません。

自分の探し方では見つけられない面白いものがあるはずです。
心当たりのある方はどんどん回答を!
おねがいします!

閲覧数:
153
回答数:
13
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmb********さん

編集あり2019/2/116:23:07

妖怪、怪異、魔物、悪鬼、鬼神などが描かれた小説の傑作を何冊か紹介します。

⬛夢枕獏『闇狩り師』(徳間文庫)
憑き物落としを稼業とする現代の陰陽師を主人公にした連作短篇集(2冊)。きらめきのある美しい文章で綴られた、最高に不気味でゾクゾクする怪異譚。同じ作者の『陰陽師』シリーズよりも内容が濃い。

■夢枕獏『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す』
(角川文庫)
密教を求め入唐した若き修行僧・空海と魔物とのゾクゾクするような対決。一気読み必至の長篇伝奇小説。空海とその友人・橘逸勢との会話が『陰陽師』の安倍晴明と源博雅のかけあいとそっくり。

■荒俣宏『帝都物語』(角川文庫)
明治から昭和にかけての数々の事件をオカルト史観で描いた物語性の豊かな大長篇。まがまがしくグロテスクな内容を美しい文章で綴った大傑作。詳しくはリンク先を参照してください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1449291189

⬛井上ひさし『新釈遠野物語』(新潮文庫)
ゾッとして、わくわくして、おかしくて、しんみり。いろいろな方向に心を揺さぶります。京極夏彦×柳田國男『遠野物語remix』(角川文庫)もおすすめ。

■澁澤龍彦『うつろ舟』(河出文庫)
「護法」「魚鱗記」「花妖記」「髑髏盃」「髪切り」「菊燈台」などの8篇。タイトルがいいだけじゃなく、文章も物語も絶品。

■小泉八雲『小泉八雲集』(新潮文庫)
耳なし芳一の話、雪女、むじな、食人鬼、ろくろ首などを収録した『怪談』を含む短篇集。昔の日本の悲しさと美しさに浸されます。

■綱淵謙錠『怪』『鬼』(中公文庫)
妖鬼の世界と人間の妄執を描いた歴史怪異譚。作者の名前は「つなぶち・けんじょう」。購入は古本のみ。

⬛ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』(光文社古典新訳文庫、新潮文庫)
若い女性が英国の古い屋敷で家庭教師をすることになった。だが、屋敷には邪悪な亡霊が──。世界でもっとも恐ろしい心理小説。
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14176323954

⬛蒲松齢『聊斎志異』(ちくま文庫、岩波文庫など)
中国怪異文学の金字塔『聊斎志異』(りょうさいしい)は神仙、狐、鬼、化け物、妖艶な美女などが登場する短篇集。作者の名前は「ほ・しょうれい」。


もう少し追加しておきます。

⬛内田百閒『冥途・旅順入城式』(岩波文庫)
■上田秋成『雨月物語』(角川ソフィア文庫)
■泉鏡花『高野聖』『鏡花短篇集』など(岩波文庫)
■ブラックウッド『秘書綺譚―ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(光文社古典新訳文庫)
■エドガー・アラン・ポー『E・A・ポー ポケットマスターピース 09 』(集英社文庫ヘリテージシリーズ)

まだまだあります。もっと凄い作品もあります。リンク先を見てください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121936107...

  • 質問者

    まくりさん

    2019/2/119:50:37

    たくさんのおすすめをありがとうこざいます。
    過去に読んで「読みごたえがあって好み」と思ったものも多くありましたので、好みが似ている方からのおすすめリストとして、参考にします。
    回答ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/2/1 20:26:51

読みたい本、漫画がザクザク湧いた!!!とホクホクしております。
皆さま、ありがとうございました。
しばらくの間、どっぷりと浸れます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2019/1/2912:41:37

ここまでであがっていない作品で

廣島玲子さんの『妖怪の子預かります』シリーズがあります。
(創元推理文庫)

少年・弥助がある出来事をきっかけに
妖怪の託児所を手伝う羽目になった物語です。

tak********さん

2019/1/2812:21:44

まだ出てないものだと
「ほうかご百物語」峰守ひろかず
「東北怪談全集」山田野理夫
「妖魔夜行」「百鬼夜翔」シリーズ グループSNE

ニベアさん

2019/1/2811:32:06

私が血みどろホラーが苦手なので、そこまで怖くない作品ばかりになってしまいますが・・・

・小説
瀬川貴次「暗夜鬼譚」
平安時代が舞台。夢枕獏の「陰陽師」のラノベ版という感じ。

同作者「ばけもの好む中将」
こちらも平安時代が舞台。怪異が大好きな中将と彼に振り回される怖がりな中流貴族の少年の怪異探訪。

知野みさき「妖国の剣士」
和風ファンタジー。人と妖怪が敵対する国が舞台。
打ち切り未完ですが、ストーリーは面白いので興味があれば。

・マンガ
風越洞×壱村仁「けんえん」
静岡の民話「しっぺい太郎」をモチーフにした、人と妖怪と神様の物語
試し読みできます↓
https://comic.mag-garden.co.jp/kenen/

noho「となりの妖怪さん」
人間と妖怪が共存している日本が舞台。

永尾まる「猫絵十兵衛御伽草紙」
江戸時代が舞台。主に猫又が出てきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nyw********さん

2019/1/2715:43:08

とりあえず挙がっていない作品を。

化野燐 人口憑霊蟲猫シリーズとか。

京極夏彦 巷説百物語。虚実妖怪百物語とか。

三津田信三の小説などはいかがでしょうか。

tsu********さん

2019/1/2715:40:05

古典
・「雨月物語」「春雨物語」 上田秋成
・「怪談」 小泉八雲
・「遠野物語」 柳田圀男

小説
・「家守綺譚」「冬虫夏草」 梨木香歩
・「しゃばけ」 畠中恵
・「おそろし」「あんじゅう」他 三島屋変調百物語 宮部みゆき
・「陰陽師」シリーズ 夢枕獏
・「幻想郵便局」他幻想シリーズ/「たましくる」シリーズ 堀川アサコ
・「鬼神伝」 高田 崇史
・「オニマル」異界犯罪捜査班三冊/警視庁陰陽寮二冊 田中啓文

漫画
・「雨柳堂夢咄」波津 彬子
・「百鬼夜行抄」今 市子
・「夏目友人帳」緑川 ゆき
・「蟲師」 漆原友紀

洋ものもありなら
・「世界幻想文学大系」 ちくま文庫 東雅夫編
・「ケルト妖精物語」 イエイツ
・「ケルトの神話」 井村君江

渋めからかなり軽めのものまで、とりあえずあがっていないさそうなものを思いつくだけあげてみました。
「蟲師」のように伝統的な妖怪ではないものもけっこう混じっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる