ここから本文です

地層に堆積している昔の火山灰(具体的には約7300年前に噴火したアカホヤ火山...

アバター

ID非公開さん

2019/1/2703:34:24

地層に堆積している昔の火山灰(具体的には約7300年前に噴火したアカホヤ火山灰)(和歌山県で)は通常どんな状態になっているものなのでしょうか??

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

len********さん

2019/1/2810:40:29

テフラは、給源から遠くなるほどその堆積厚を減じます。
アカホヤは、ほぼ日本列島全域に分布しており、和歌山はその分布域の中では中程度離れたところにあります。分布図では30-20㎝の厚さで層を成しているとされる地域です。
ざっくり調べたらちょっと離れているけれど、ほぼ同様の厚さに堆積したと考えられる香川の露頭の写真がありました。

8. 高松市塩江町の道路切土部で発見された鬼界アカホヤ火山灰について
http://www.jseg.or.jp/chushikoku/ronnbunn/PDF/PDF21/2108.pdf

これは山地上の平坦面に堆積した露頭で礫層に挟まれています。普通山地では侵食されて流されてしまうことが多いのですが、これだけ厚く積もっているのは、堆積環境が平坦地であったことや当初堆積した量がかなり大量だったことなどが影響hしているのでしょう。
砂泥が早く堆積していくような環境では、ほとんど侵食されることなく厚い一枚の地層として挟まれています。そういった場所はさすがに隆起しておらず、平野部のボーリング調査などをすると見られます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/28 23:42:02

資料と共に回答をくれて有難うございました。
「返信」に私が見たと思うアカホヤ火山灰の写真を送りました。
私が見た方は最大1mほどの幅があり、色も灰色です。
高松市は「黄褐色」という事で灰だから必ずグレー、灰色とは限らないのですね。
もしかしたら過去の環境で堆積した「泥」かもしれません。
仕切り直しです。有難うございました!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる