ここから本文です

地理Bについてです。 メルカトル図法では、高緯度ほど緯線間隔が拡大していきます...

mot********さん

2019/1/2703:38:04

地理Bについてです。
メルカトル図法では、高緯度ほど緯線間隔が拡大していきますが
地球儀でも緯線間隔が拡大していくという理解はあっていますか。

間違えていたら、どう考えればいいのか教えてほしいです。
回答よろしくお願いします。

閲覧数:
34
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhhadrianusさん

2019/1/2706:36:19

メルカトル図法は、球体を赤道で
包むような形に巻いた円筒へ
球体中心からの光源をもって
投影して作ったものですから、
高緯度ほどこの円筒と球の距離が
開くことで緯線の間隔がひらき、
実際の面積も狂いが大きくなり、
極地は図示不可能となります。

地球儀はもちろん、いちばん正しく地球を
あらわしており、これにおいては
緯線の間隔は必ず一定です。
ご質問のお考えは残念ながら違いますね


地球儀をみれば、メルカトル図法では
一定に見える経線の間隔は、緯度によって
違っていることも一目瞭然です。

  • 質問者

    mot********さん

    2019/1/2706:56:36

    回答ありがとうございます。
    他にも質問してるので、よかったら教えてほしいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/27 10:37:32

理解できました。
回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる