ここから本文です

今さらですが、昔ヤングジャンプで連載してた合法都市って、映画『アルティメット...

pea********さん

2019/2/513:00:03

今さらですが、昔ヤングジャンプで連載してた合法都市って、映画『アルティメット』原題『バンリュー13』のパクリもしくはオマージュだったんですか?
アルティメットは2004年、バンリューとい

う地名、潜入捜査官などが根拠です。
この漫画家はカフスという作品のときからパルクールっぽいアクションやカンフーアクションを書いていた記憶があるのでネタにするには相性が良かったのかなと思いましたがどうなのでしょう。

閲覧数:
49
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tti********さん

2019/2/513:51:30

アルティメットの存在は作者の頭の中にはあったと思いますよ。

ただ、潜入捜査官ネタの映画ってのはインファナルアフェアをはじめとして決して珍しくないですね。

むしろ合法都市の主人公が警察との繋がりを切ってでも盤流の下に留まる決意をするところは、インファナルアフェア(一作目)の主人公がマフィアと繋がりを切って警察官として生きる決意をすることと、対比になってると感じましたが。

今時はもはやどんな作品でも「前例が全く無い」と言う事は無理。
しかし、どう「上乗せ」するかとか、「骨格」に共通するものがあっても「肉付け」で違いを出すとか。
そんな「上乗せ」「肉付け」でオリジナリティーを出している。

それをパクリと呼ばれたら作者はたまらないだろう。
むしろ盤流と言う言葉を入れる事により、先達への敬意を示した「オマージュ」でしょう。

  • tti********さん

    2019/2/514:25:15

    私が「合法都市」に関連性を感じた作品を他に挙げるならば、例えば「地獄の黙示録」。
    「地獄の黙示録」主人公はラスボスの懐深く入り込むが、やがてラスボスのカリスマ性に取り込まれていく自分に気がつく。「合法都市」の主人公もそうだったでしょう。
    ただ、「地獄の黙示録」の主人公は、そんな自分を振り切ってラスボスに手をかけたが、「合法都市」の主人公は自分が盤流に惹かれている自分に気がついていると言う段階で終わってしまった。

    あのあと「合法都市」の連載が続いていたとして、主人公が完全に盤流に取り込まれてしまうか、手をかけるのか、その「過程」が重要だろう。
    「合法都市」の主人公が「地獄の黙示録」の主人公同様に盤流に手をかける結果だとしても、過程いかんによってはオリジナリティーを見出だすだろう。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる