ここから本文です

ステロイドを使用する前に副作用などを説明してくださる医者の割合はどのくらいで...

アバター

ID非公開さん

2019/2/220:39:23

ステロイドを使用する前に副作用などを説明してくださる医者の割合はどのくらいですか??

薬剤師などではなく、医者がです。

補足顔が丸くなるとか、そのようなことまで教えてくださるものですか?

閲覧数:
94
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lap********さん

2019/2/223:53:32

ステロイドが必要であることは医師が説明しますが、起こりうる薬の副作用、注意点などについては通常薬剤師が説明を行います。

またステロイド治療を安全に行うために、患者さんから聞き取りをしたり、血液検査の結果を事前にチェックするのも薬剤師です。

そしてその結果医師に助言したりします。

例えば、歯の治療中の患者さんの場合、通常ステロイド剤と併用する骨吸収抑制剤をビタミンD3に変更するようにとか、すでに胃炎などがありPPI製剤を服用中の患者さんの場合セットで出るPPI製剤を中止するようになど・・・

これらについては医師より薬剤師のほうが専門です。

「ステロイド 副作用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

upj********さん

2019/2/323:33:07

私は最近ステロイドを始めて治療で処方されましたが、まったく説明もなく、不信感で一杯でした。

ですから、自分から薬剤師にいろいろ聞きましたね

満月様顔貌や野牛肩(バファローズパンプ)などについては説明も皆無です

副作用もいろいろありましたので
聞いたほうがいいです

yui********さん

2019/2/308:56:34

ある病気で短期間に大量服薬が必要になった時、医師から直接説明がありました
ムーンフェイスはもちろんのこと、断薬がきついこととか諸々です

色々書いてある副作用についての紙ももらいましたが、『根拠のない多幸感』というのがクスッときました

sug********さん

2019/2/308:13:35

病気は何でしょうか。ステロイドなど使わなくて治せれば、そのような説明など不要ですよ。

磁気療法を研究していますが、ほとんどの病気ではステロイド剤や抗生剤、抗ウイルス剤などを使わずに炎症やアレルギーを完治させることが可能ですよ。薬物を使わなければ、副作用もなく、耐性菌ができる心配もない。

喘息やアレルギー性鼻炎、膀胱炎などが1日で完治可能です。その他、肺炎や肝炎、関節炎、アトピーなども磁気だけで治療ができる。エレキバンや棒磁石程度で十分であり、自分で治せるので、ほとんど病院に行く必要もない。

重症の肺炎や広範囲の火傷などでは、一時的にステロイドを併用したほうがよいが、そのような場合を除けばステロイドなどいらない。

しかし、デタラメに磁気を加えても治らない。法則や理論を勉強した患者だけが治せる。無知な患者、知ったかぶりして、磁気療法をニセ科学として嘲笑するおバカさんには治せない。

tom********さん

2019/2/221:05:34

看護師やけどだいたい説明しますが今は薬剤師が説明しますね

わたしは看護師だから
だいたい
説明はしてますが
ムーンフェイスも説明はしてくれるけど、だいたいわたしらも説明することがあります
7割くらいでしょうか

yos********さん

2019/2/220:48:07

喘息(内科)の時と蕁麻疹(皮膚科)の時とヘルニア(整形外科)の時、それぞれ別の病院で処方されましたが、説明ありましたよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる