ここから本文です

人間は魚や鳥肉、豚肉、牛肉、虫も食べたりしますが、人間の肉も食べたりしていた...

wgg********さん

2019/2/310:44:46

人間は魚や鳥肉、豚肉、牛肉、虫も食べたりしますが、人間の肉も食べたりしていたのでしょうか?

また、人類の歴史で食用の人間とかも存在していたのでしょうか?

閲覧数:
32
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uji********さん

編集あり2019/2/317:52:53

西洋文明の故郷…クレタ島では…人間の塩漬けを作っていた。
日本の外国人労働者導入も…
「食い物にする…」ってレベルでは…同じだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryo********さん

2019/2/315:20:26

古代中国では常食です。
遠征などの際は「双脚羊」という食用兼荷物運びの人間も一緒でした。

hif********さん

2019/2/314:39:18

飢餓の時には人肉を食べていたようです。太平洋戦争の時に日本の南方戦線で飢餓状態になった日本兵が同僚の肉を食べたと言われます。
歴史的な話とすると首狩り族が食べていたと言われます。

mej********さん

2019/2/311:04:37

人間が一番美味しいでしょうね、肥えてますから。
昔はそういう虐好を持つ人とか原始人は食べていたかも。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/2/311:03:30

むろんめったに食べられない希少なご馳走だったでしょうが
食文化として人肉を食べる群れも存在していましたし、
儀式的に食べるケースもありました。
しかしそうした文化は適者生存の法則でどんどん淘汰されて
少数派になって行きました。

食事で他の生物を食べると
その生物が保有している病原体を摂り込むことになります。
その際、遺伝的に近縁な種を食べてしまうと同じ病気を発症して
群れが全滅してしまうリスクが大きいのです。

その点、遺伝的に遠い種の場合は病原体を摂り込んだとしても
病原体として機能せずに無害な場合が多いため、
できるだけ遠縁の種を食べるほうが安全で生き残りやすいと言えます。

人肉を食べる種族は滅びやすく、
食べない種族が徐々に幅を利かせるようになり
現代に至ったということだと思われます。

tan********さん

編集あり2019/2/310:51:59

人間を常食にするには、費用がかかりすぎます。
なので常食にはなっていません

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる