ここから本文です

ホルモン補充周期についての質問です。 また友人の事なのですが D2からエスト...

chi********さん

2019/2/321:43:40

ホルモン補充周期についての質問です。

また友人の事なのですが
D2からエストラーナを貼り
D11からルトラール、ウトロゲスタン、プレドニンで切り替えて
D15に5日目胚盤胞を移植

D10で

内膜12ミリ、採血なし
普通D11に切り替えたらD16に移植だと思うのですが、D15でも特に問題はないのでしょうか?
着床の窓がずれるんじゃないかと思うのですが…
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

閲覧数:
149
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山田 光敏の画像

専門家

2019/2/322:20:44

初めまして。
『子宝マッサージ』『子宝ごはん』などを執筆しております山田と申します。



着床の窓について。

私自身も患者さんの年齢などによってERA検査を勧める事があります。
それは年齢を重ねる事で周期内における妊娠可能時期が狭まる可能性があるからです。

ただ、若い方(45歳くらいまで)にはあまり勧めないです
それには次のような歴史があるからです。

以前、体外受精で受精卵ができましたらすぐに移植になりました。
以前は凍結という手段がなかった時代が長く、ガラス化法が考案されるまで復元率が異常に低かったからですね。

当時は、採卵から何日目と言う一応の基準はありましたが、結構自由に移植日が決められていました。

「○〜×くらいまでの間で移植になるけど都合の良い日はいつかな?」

なんて会話もなされていた位です。
さて、フレッシュで移植している妊娠率、着床の窓を意識している現代の方がはるかに高そうな気がしますけど、実際は然程大きく変わりません。

そういった事もあり、ERA検査を否定する専門医も存在しますし、移植日もその病院の統計により、胚盤胞移植も5日目ではなく4日目〜6日目の範囲で変動が見られます。

結論としては、そのかかりつけ医を信用されても宜しいと思いますがいかがでしょうか?


以上になりますが、あなた様のお悩みが少しでも解消されますように。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

山田 光敏の画像

山田 光敏

鍼灸マッサージ師

赤ちゃんから高齢の方まで、より専門的な施術を目指しています。

銀座にございます子宝治療院の院長をしております。 妊娠実績として、2018年は46歳以上が10人、53歳の方も妊娠しております。 通常の治療では難しいケースを多数妊娠へと導いております。 施術だけではなく、招聘教授として解剖学なども担当しております。 ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる