ここから本文です

はじめまして、火葬場の職員をやっています。

アバター

ID非公開さん

2019/2/622:36:29

はじめまして、火葬場の職員をやっています。

毎日告別室で導師様の御読経をきいてますが、【ふらい】って最初と最後の方?に言ってるおきょうの宗派と、実際なんと言っているのか、この説明で分かった方がいたら教えてください。
気になって仕方ありません。よろしくお願いします。

閲覧数:
855
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/2/701:09:53

真言宗以外でもその言い方があるのかは知らないのですが。告別に限らず祭壇の前で唱える壇前普礼、ご出家が所定の位置に着座する時の着座普礼、御本尊様を拝む時の本尊普礼というように呼ばれています。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/12 08:46:41


だんぜんふらい
たしかに言ってました!
スッキリしました。
回答、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

awa********さん

2019/2/623:22:59

最初と最後に念珠(数珠)を摺って仏様(亡者の仏でなく本尊としている如来様や仏、菩薩様に対して)の挨拶の事です。【ふらい】は[普礼]と書きます。摺り込みと摺り出しがあります。最初は摺り込みです。仏の徳を我が身に戴くためとの意味が有ります。最後は摺り出しです。読経の願いを仏様に聞いて戴く、亡者を連れて行って戴くための祈念のために摺り出しです。
宗派は真言宗と思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる