ID非公開

2019/2/11 14:41

22回答

留置権者が所有者の同意を得て目的物を賃貸した場合,留置権者は賃料を債権に充当することができる。 ↑これの具体例が思いつきません。どんな場面が想定されますか?

留置権者が所有者の同意を得て目的物を賃貸した場合,留置権者は賃料を債権に充当することができる。 ↑これの具体例が思いつきません。どんな場面が想定されますか?

法律相談19閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

修理代を払って貰えない場合です

その他の回答(1件)

0

留置権の行使は現実的ではありませんので、教科書的な回答になります。 自転車を修理したところ、修理代金を所有者が支払わない時に自転車を返却しないことを留置権の行使 と言います。 この自転車を賃貸することを想定していますが、賃貸中の自転車が壊れるとまたトラブルとなります。 現実的ではありません。