ここから本文です

英語の文法「過去分詞形」について 某中学生です。私は英語が苦手な為質問をさせて...

but********さん

2019/2/1317:01:11

英語の文法「過去分詞形」について
某中学生です。私は英語が苦手な為質問をさせていただきます。
英語の文法「過去分詞形」の動詞を使った英文は必ずしも過去のことではないのでしょうか。また、

過去形と過去分詞形の英文の見分け方も教えてください。

閲覧数:
65
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

2019/2/1317:44:39

動詞は、
1。原形、現在形、to をつけて不定詞
2。3人称単数現在形
3。過去形
4。過去分詞(規則動詞では、過去形と同じ姿)
5。現在分詞

の5つの形があります。

動詞を引けば辞書に載っているのは、1のうちの原形です。と言っても、原形と現在形は同じ姿をしています。原形に to をつければ、不定詞ができます。原形不定詞、というものもありますが、それは to のついていない不定詞で、結局、原形と姿が同じなので、原形と呼んでおいていいです。

2は1を知っていたらだれでもわかるので、辞書には載っていません。

3、4、5は、不規則形とわかりにくい形のが辞書に載っています。

つまり、動詞を辞書で引けば、
原形(見出し)に続いて、
その動詞が不規則動詞なら、過去形と過去分詞が続き、
現在分詞がわかりにくい形なら、さらにその後に続きます。

現在形、過去形は、いつ使うか、というと、
・ 現在形は現在形の文を作る
・ 過去形は過去形の文を作る

過去分詞はいつ使うか、というと、
・ 受け身の文を作る
・ 完了形の文を作る

現在分詞はいつ使うか、というと、
・ 進行形の文を作る

つまり、「過去」分詞と言っても、過去形には関係ないし、「現在」分詞と言っても、現在形には関係ないのです。単なる名称です。

・・・・・

> 英語の文法「過去分詞形」の動詞を使った英文は
> 必ずしも過去のことではないのでしょうか。

過去分詞を使った文は、現在形のこともあるし、過去形のこともありま
す。過去分詞の前に使われている助動詞が現在形か過去形か見てみましょ
う。

> 過去形と過去分詞形の英文の見分け方も教えてください。

規則動詞なら、過去形と過去分詞は同じ姿をしています。
不規則動詞なら、同じ場合もあるし、同じでない場合もあります。

質問した人からのコメント

2019/2/18 07:05:01

ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2019/2/1702:51:41

英語が苦手なのは、勉強してないからだって、まだわからないの?

そんなんじゃ、いつまでたってもできやしないよ。

kur********さん

2019/2/1702:40:34

中学校で習う「過去分詞形」では
~される、などの受け身の意味が1。
五年間柔道してる、の~年間→継続していることを表しているものが2
あ、宿題今終わった 今~した
すでに~した→現在は完了していることを表しているものが3
一回それ食べた 一回~した
二回 何回も~した→経験のあることを表しているものが4

大まかな感じでは以上の4つかな。
2~4までは、一つのくくりの中ですので。お忘れない
く。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tro********さん

2019/2/1412:11:41

「過去分詞」という名前からすると,過去の話をしているかのように見えますが,実際にはそうではありません。過去とか現在とかは関係ないのです。これは回答者のwatashiwadaredeshoo大先生がおっしゃっている通り,単なる名称にすぎません。

過去分詞は過去形によく似ていたためにつけられただけの名称です。現在分詞も同じです。従って,過去分詞が現在の文や未来の文に使われてもまったくおかしくないので,名称にとらわれずに使うといいでしょう。専門家によっては,名称が誤解されやすいという理由で,現在分詞を第1分詞,過去分詞を第2分詞などと言う人もいます。あなたがどうしてもわかりにくいとおっしゃるのならば,第1分詞,第2分詞と理解してもかまいません。

過去形と過去分詞形が使われる英文の見分け方について。特に過去分詞形が使われる場合が以下の3通りです。過去分詞の存在を知っていることから,あなたがすでに中学3年生であると推測されます。中2以下で先行学習している場合,以下の単元を習っているかどうかはわかりませんが,すぐに習うと思われますので十分注意してください。重要な項目ばかりだからです。

1. 受動態(受け身; be動詞+過去分詞で作る)
2. 現在完了(have+過去分詞で作る)
3. 名詞を修飾する分詞(名詞の前またはうしろに置いて名詞の状態,動作,特徴などを説明する。例: a car made in Japan 「日本で作られた車」,a broken window 「こわされた窓」)

以上のような場合に過去分詞が使われます。それ以外は過去形となります。要するに見分け方は上記1.~3.に当てはまるかどうかということになります。

ところで,watashiwa先生は分詞以外の形も説明していますが質問趣旨と関係ありません。また,「原形不定詞」のことも書いていますが,これは高校生が習う用語で,しかも不適切用語として有名なものです。辞書の話もわかりにくく,何が言いたいのか疑問だらけです。だいたい,一般的な中学生は辞書をほとんど使いません。「わかりにくい形」がどうのこうのというのはやめていただきたいものです。現在形と過去形はいつ使うかなどという話も分詞とは関係ありません。

また,sho***さんがmap***さんを批判しているようですが,sho***さんが挙げた未来完了,過去完了,分詞構文については中学では習いません。さらに,文法書や辞書は上記のように一般的な中学生は使いません。質問者さんは特に英語を苦手としているため,文法書や辞書はますます縁が遠い存在です。つまり,苦手な人にとって扱い方がむずかしいため,かえって混乱を招きます。ご注意いただきたいものです。

sho********さん

2019/2/1317:29:09

「過去分詞形」の動詞を使った英文とは①受動態(受身の事)、②現在・未来・過去完了形、③分詞構文を作る時、④受身の意味で前の名詞を修飾する時がありますので、必ずしも過去の事だけではありません。詳しくは文法書を精読して下さい。

過去形・過去分詞の詳細はどの英語の辞書の最後にあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

map********さん

編集あり2019/2/1317:28:04

過去分詞は受動態と過去完了で使いますね。
過去形は過去のピンポイントな時点で起こったことを刺す時に使います。

eat(食べる)という動詞で説明します。

まずは現在形
I eat breakfast.
私は朝食を食べる。

これを過去形にして見ましょう。

I ate breakfast in this morning.
私は今朝、朝食を食べた。

これは、今日の朝という過去のピンポイントの時点に”食べた”ので、過去形を使います。


続いて受動態です。
The cake is eaten by my brother.
ケーキは、私の弟によって食べられた。
この場合はケーキが主語です。
ケーキの目線になって、”食べられた”と受け身の文章です。
be動詞の後に過去分詞が来る文章は受動態です。


続いて過去完了です。
すこし理解するのが難しい過去完了ですが...

I have eaten sushi before.
私は前に寿司を食べたことがある。

過去完了は過去のある時点で起こった事が、現在も経験として残っている。という意味の文章です。
〜した事がある。という文で、have +過去分詞で表します。
過去のことを語っているのですが、過去に起きた事柄は、自分の経験値として現在も残っている場合です。

I have eaten 〜.は、今現在食べている。という話でもなければ、今朝や昨日といった、特定の過去の時点で起こった事を話しているわけでもありません。

今までの人生のなかで、食べた事があるよー。
という、過去の経験の話をしています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる