ここから本文です

電気分解で、陽極側の電極をCuやAgにすると、電極が溶け出すのはどうしてでしょう...

abz********さん

2019/2/1515:14:41

電気分解で、陽極側の電極をCuやAgにすると、電極が溶け出すのはどうしてでしょうか。

閲覧数:
41
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ari********さん

2019/2/1515:39:11

Cu や Ag はイオン化傾向が小さいが Pt ト比較すると大きい。
従って或程度 分解電圧 を上げれば Cu や Ag は溶ける。
しかし Pt 電極ならば必ずしも溶けないと云う訳でも無く、例えば KI 水溶液を電氣分解するときに分解電圧等の条件に因っては Pt 電極が溶ける可能性がある。

Ag^+ + e^- ⇔ Ag :E°=0.80(V)
[PtI4]^2- + 2e^- ⇔ Pt + 4I^- :E°=0.40(V)
Cu^2+ + 2e^- ⇔ Cu :E°=0.34(V)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

2019/2/1515:17:20

CuやAgと反応する物質が発生するような電解液だからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる