ここから本文です

なぜヒトラーとスターリンは敵なのに不可侵条約を結んだのですか??

アバター

ID非公開さん

2019/2/1715:19:10

なぜヒトラーとスターリンは敵なのに不可侵条約を結んだのですか??

ヒトラーとスターリンの考えを別々に教えてもらいたいです!
世界史に詳しい人至急お願いします!!!!

閲覧数:
55
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dom********さん

2019/2/1717:55:28

最初、スターリンは英仏との同盟を考えていたそうですが、共産主義が嫌いな彼らはあまり乗り気ではありませんでした。
困ったスターリンの命によりドイツ駐在ソ連大使がドイツ外務次官に友好関係の樹立をちらつかせましたが、ヒトラーとドイツ高官はこれを本気だとは受け取りませんでした。
しかしスターリンが英仏協調派でユダヤ人だった外相リトウィノフを罷免したことから、ヒトラーはこれが本気だと判断し両国の接近が始まります。
この時点ではまだスターリンは英仏とドイツのどちらと組むか迷っていたようですが、モスクワに来た英仏軍事顧問団の様子(使節団の長の地位の低さや侵略が起きた時に出せると答えた兵力の少なさ etc.)から英仏のソ連に対する協調への熱意のなさを見てとりました。
一方ドイツのソ連への対応に関しては、ドイツ外相リッベントロップをモスクワに派遣したりヒトラーが直々にスターリンへ電報を送るなどスターリンからしてみれば誠実さに溢れた物に見えたようです。
これらの経緯で急激に独ソは仲を深めていき不可侵条約の締結にまでこぎつけるでのすが、所詮急ごしらえの関係だったため、長くは続きませんでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2019/2/1716:07:19

ソ連に限った事では無いのかもしれないが、
敵の敵は味方という割り切りがある。
一時的なもんだとしても…一部の利害が一致した時
そんな事はあるものですねぇ~。
心底お互い信じてなかろうと…だ。

でもな、一応恩義もあるんだよドイツはソ連に対し。
驚異的な軍事復興遂げた一因には、例えば戦車の研究は
あの戦争起きる以前には公式では無いとは思うが共同研究をしてたんだ。
だからヒトラーも一部分、三号戦車だっけ?二号だっけ?のデータを
ソ連に見せてたと思う。
が、ソ連の技術者はその程度か?ヒトラーは全て見せると
約束したとか言ってたという話もある。
そう、もう後のドイツを苦しめたT-34戦車の概要は
あったのかもしれないし、ドイツ側の研究者もそれを感じ取った
…な、少々推測混じるような話だが本で読んだ記憶がある(うる覚え)。
いずれにせよ、共同研究はしてる仲ではあったんだ。

ヒトラーとスターリンの考えを別々に?
こりゃしっかし難しいなσ(-ω-*)フム。

しょっぽクン

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sin********さん

2019/2/1715:37:45

ヒトラーはスターリンを騙すため。

スターリンは時間稼ぎをしたいため。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる