ここから本文です

問題文です。

アバター

ID非公開さん

2019/2/2010:06:17

問題文です。

「1本の弦を強く張り、振動数が450Hzのおんさと同時に鳴らしたところ、うなりが10秒間に20回聞こえた。」

この文から、弦の振動数がおんさの振動数よりも小さいとわかるのはどうしてですか?

補足問題文の続きです。

弦をさらに強く張り、振動数を大きくして同じ実験を行ったところ、同様にうなりが10秒間に20回聞こえた。
(1)弦の、最初の振動数は何Hzか。
(2)弦をさらに強く張った後の振動数は何Hzか。

以上で全文です。1つ前の問題と繋がっていたり、図があったりということはありません。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2019/2/2014:05:48

▷弦の振動数がおんさの振動数よりも小さいとわかるか

弦は張力が大きいほど波の速さが大きくなるので、同じ長さであれば張力が大きいほど基本振動数が大きくなります。

この実験では、1回目より2回目のほうが弦を強く張っています。したがって、2回目のほうが振動数が大きいと判断できます。

「うなりが10秒間に20回聞こえた」と「音叉の振動数は450 Hz」から、弦の振動数は448 Hz か 452 Hz のどちらかです。よって、1回目が448 Hz, 2回目が452 Hz です。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/20 14:15:45

問題文の続きは関係ないと思い勝手に省いていました…。指摘からその後の説明まで、本当にありがとうございました!!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる