ここから本文です

東京メトロの売店で働く契約社員ら4人が正社員と待遇格差があるのは不当だとして...

アバター

ID非公開さん

2019/2/2021:58:46

東京メトロの売店で働く契約社員ら4人が正社員と待遇格差があるのは不当だとして、手当の差額など約5000万円の支払いを東京メトロ子会社「メトロコマース」(東京都)に求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高

裁であった。川神裕裁判長は、請求の大半を棄却した1審判決を変更し、原告2人への未払い退職金の格差などが違法だと認め、同社に計約220万円の賠償を命じた。

弁護団によると、同種訴訟で退職金の格差を違法とする司法判断は初めて。

判決は、契約社員1人と元契約社員3人の退職金などの格差を、労働契約法20条が禁じる「不合理な格差」に当たるかどうかを個別に検討。退職金に関しては元契約社員2人が10年前後勤務した点を重視し「長年の勤務に対する功労報償の性格を有する退職金すら一切支給しないことは不合理」と述べ、正社員と同様に算定した額の少なくとも25%は支払われるべきだとした。

判決は、原告4人のうち1人は同法20条の施行前に退職したとして全面的に請求を退けた。その上で3人について検討し、住宅手当がない▽勤続10年の正社員には支給される褒賞が支給されない▽1人(契約社員)の早出残業手当が正社員と割増率が異なる――ことも「違法な格差」と判断。一方、本給と賞与の是正は退けた。

2017年の1審・東京地裁判決は、1人の早出残業手当の格差のみを不合理とし、差額約4100円の支払いを命じていた。

判決後、記者会見した契約社員の後呂(うしろ)良子さん(64)は「当たり前のことがようやく認められたが、まだ満足できない。引き続き、非正規労働者の賃金底上げを目指したい」と話し、上告の意向を示した。コマース社は「コメントは差し控える」としていると言うニュースがありますが皆さんはどう思われますか?

閲覧数:
135
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eec********さん

2019/2/2118:55:10

今回の訴訟の原告の方々は、契約社員という働き方を選んだというよりは、契約社員という立場でしか働き口が無かったという方達だと思います。

労働に対する対価を安く買い叩こうとする企業だらけの社会が変化するきっかけになればいいな、と思いました。
正社員以外の働き方でも経済的格差が小さくなり、シングルマザーでも子育てができる環境があれば、少子化も少しは改善されて日本全体にも好影響を及ぼすのでは?と少しだけ期待を持てる判決だったと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる