ID非公開

2019/2/22 11:37

1616回答

キャンプ2度目。 避難所みたいなテント泊したくない。行きたくない。行きたくない。回避するか代案を・・・ 彼がキャンプ好きです。

キャンプ2度目。 避難所みたいなテント泊したくない。行きたくない。行きたくない。回避するか代案を・・・ 彼がキャンプ好きです。 暖かくなったら富士山周辺で車で行くとの事なのですが、 私は実は、砂利や芝生の駐車場で一個開けてすぐ隣に別のテントがあって、家と変わらないどころか薄っぺらい布で壁すらないテントを張り切って作っての何が楽しいのやらと思ってます。 キャンプやら好きな人には悪いですが、正直あんなのは難民キャンプか避難所にしか見えないんですよ。隣の家の庭でBBQやられてるのと変わらない。壁すらないからもっと酷い。 何であんなに詰め込んでるの??もう本当に嫌だ。 地震で家が壊れたから仕方なく高い金払って駐車場か公園の芝生にテント張りましたよ!!みたいな。 実は私にも非があって、本当に本当に後悔してもしきれないですが、アメリカから帰ってきて、向こうの自然の中で楽しかったよって言ってしまったんです。私はネイチャーフォトグラフィーをやってきたので、テントまで来たエルクの写真を見て居る時に一言だけですよ! それを持ち出して日本のここが綺麗だよとか言われて富士周辺の写真見せてくるから酷い事言えません。富士山が世界一綺麗なのは認める。でも避難所テント村に泊まりたくないんだ。そこが日本的で実に酷く美しくないいんだ。 管理キャンプ場なら向こうだって他のファミリーの車は見えますが、日本はキャンピングカー1台のスペースに2家族と車2台にテーブルまで置いてますから・・・ 現在の私は、そんな事は親戚の子供と一緒にボーイスカウトでも行って嫌われてくれよって感じなのです。 最近ゆるキャンプというアニメにはまってるみたいでした。もう子供みたいでバカバカしい。 あんなに人が居ないキャンプならいいですが、だいたいが家族連れで来てて子供嫌いだし本当に迷惑はなはだしい。彼が見せてくるサイトだって後ろから人が映らない様に苦労して苦労して撮ってる感じがバレバレなんですよ・・・それも機材の紹介ばかりね。 料金だって駐車場代と2人分とキャンプ道具揃えたり、食材買ったりしたら普通に一泊2食付の旅館に泊まれる。何だったら食事なしでもその辺で美味しい物あるし、風呂付のビジホでもなんでもあるから。トイレも汚いしなんでなんで私がわざわざそんな所に行かなければならないのかと・・・ もう迫りくる春先でイライラ限界なので散々愚痴りましたが 何とか気分を害さず回避するか代案無いでしょうか。 願わくばこの知恵袋見てくれ。おい幾ら近くに風呂があったって無理だ。悪い人じゃないけどこれでわかってくれ。州立の国立公園に一人で置き去りにするぞ君は。

補足

汚いのが嫌いと誤解を受けそうなので、嫌いですが! 私自身は半分米国人で自然の生活が身についてる、父が狩猟民族で(笑)野生児をさせられた事がアルバムから少しバレテいるのです。今の彼は最近の日本で流行らしいブッシュクラフトという単語を使いたがります。20cm位の小さなナイフで薪を叩いて割ると・・・困ったことに教えてくれるんです。 枝を切ってシート張ったりロープワークしたり、私がしてきたこと、ディアハンティング、これは主に鹿や小動物を狩ります。や数日かけて森で風景や野生動物の写真を撮ってくること。に比べたら、キャンプ場でやって悲しいよって感じですが・・・彼はそこまで知らない。日本人はプライドを大切にしているし、私も彼のプライドは尊重してるから言えない。 色々あって深く考え始めてしまいました。結局私は日本が嫌いって事でしょうか。 私が父とその仲間から自然に対する敬意をと言われて、動物を狩る技術に疑問を持ち、高校になって自然に対しては撮影だけだと決めて行った時に、母親が凄く嫌がりました。母もキャンプは煙くさくなるし動物が来るから嫌いです。私も今嫌がってるって事かな?私は虫が来ないから煙大丈夫ですけどね。

キャンプ、バーベキュー | 恋愛相談1,968閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

3人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

アウトドアは嫌いじゃないけど、彼のスタイルでキャンプをするのは嫌って事でしょうか?カナダやアメリカなどの州立自然公園と比較したら日本のスケールの小ささと人の多さには幻滅されるのは当然ですが、日本にも秋~春の寒い季節には人も居ない管理もほぼされてない無料の素晴らしい野営地も多数あります。 無論夏場でも野営スキルが低い方の多い日本ではキャンプ場以外の水場もトイレも無い野営地では真夏でも自分たち以外誰もいないロケーションが素晴らしい場所は意外と沢山あって主に人の多い季節、私はそんな場所へ行きます。 また日本では禁止されてない河川区域ではキャンプが可能な場所が多数存在します。当然危険を伴いますが貴方の判断力や知識と経験をもってすればそれこそ素晴らしいロケーションを独り占めできる場所は日本でも探せば多数存在します。 私も同業者ですがネイチャーフォトグラファーとして数日間野営してまでシャッターチャンスをモノにしてきたのなら野営技術は彼の比ではない訳ですし、情報収集も容易でしょう?~お父様とハンティングに行かれていたのなら自然に対する野生動物の危険性や知識も豊富なわけですから、質問を読む限りアウトドアが嫌いなのではなさそうなので、次回は貴方の豊富なスキルを活かしてご自身で野営場所を選び企画し、持てるスキルを披露してあげてはいかがですか?彼がブッシュクラフトに興味があるのなら口で言うより貴方のスタイルやスタンスを理解してもらうのに手っ取り早いと思います。 おそらく、頼るべき彼の野営技術や知識、経験も未熟過ぎてイライラしてストレスが溜まってるんじゃないですか?でしたら貴方のスタイルで彼のスキルアップを兼ねてみてはいかがでしょうか? 写真は真夏の三重県宮川

画像

移動途中に立ち寄ったお気に入りの紅葉が見頃な週末の清流の流れるトイレも水場もBBQ炉まで常設な車横付け可能な予約不要な無料キャンプ場、土日ともキャンプ客は私だけでした。 山梨県富士川支流沿い

画像

その他の回答(15件)

0

嫌いなものは嫌いと、それこそ欧米仕込みの自己主張をすればよいことですね。 でも、暗に日本のキャンパー全員を馬鹿にしているこの質問は嫌いじゃないですね。日本で本当のキャンプをしているのなんて星野よしおくらいですw

0

避難所を形容したり、 日本が嫌いまで言っちゃったり、、、 キャンプが嫌ならそう云えばいいだけのコト, それ以上の悪態をつく理由。何?

0

昔あった国内温泉旅行、熱海の家族旅行と同じです。中国人観光客と同じです。まあ似てるんじゃないかなアジア人だし。日本人は流行り物に飛びついては捨てるからね。 過去は特に教えないでも【混んでる場所に行きたくないから行かない。】で良いと思いますよ。 あの「ゆるキャン」というアニメは、人が少ない冬キャンプが良い。というテーマにしてるけれど、アニメ自体がキャンプ場や自治体と提携して、人をわんさか呼び込んで本末転倒になっています。キャンプ場にPOPまでありました。 昔からの人はあれのおかげで行かなくなってます。ロードバイクの漫画と同じ、悪影響しか残ってないです。アニメだけは綺麗な世界の美しい日本です。自治体やキャンプ場からしたら、客層の入れ替えで増えたはいいけれど、どれだけ残ってくれるかは知りませんが。 実際、キャンプの現状は想像されているより酷いです。 今はお勧めできません。トイレの近くなら臭ってくるし子供はさわがせる。朝は5時から釣り客が準備を始める。 というか、アウトドアに出てるのに、煙や視線が気になる、うるさいと気になる「その距離」なんですよ。儲かれば詰めるだけ詰めますから、町の駐車場に皆で避難用テント張ってるのと同じ。まさに難民キャンプ。そのうち火気厳禁とか言い出しそうなくらい。 youtuberやらブロガーやらが必死に撮ってるのが笑えるけど・・・あの人たちはアフィリエイトや広告でやってて何にでも飛びつくから、彼らがやっているという事は既に人が沢山居過ぎて荒らされているという事です。 日本でキャンプなんてバカバカしいよ。 あと数年したら漫画から来た連中もサッサと捨てて、ろくに使われてない日本メーカーの立派な用品だけ豊富に出回るから、昔からの人はそこで解消して下さい(笑)用品だけは本当に使い勝手が良いです。

0

確かに日本のオートキャンプ場は、人で溢れ返っていますよね。山登りについても、日本の山小屋も、ぎっしり人を詰め込んで、寝返りも打てないほど。日本人は、そんな状況も当たり前のように考えているけど、外国で育った人が耐えられないと感じるのも、無理ないと思います。 正直に、自分は人が多いキャンプ場は好きではないと、気持ちを打ち明けた方がいいと思います。 引かれ合う二人でも、全て好みが一致することはないと思います。 大切なのは、違いも認め合った上で、それでも相手を大切に思う気持ちだと思います。 ゴミゴミしたキャンプに行くくらいなら、旅行に行き、温泉のあるホテル等でのんびり過ごした方がいいと、告白するのがいいと思います。

0

初老のオッサンです。 現状打開策として、 ①質問者様ご自身が、彼の志向と、ご自身のポテンシャルを天秤に掛けて、彼と離別するか否かを決める。その上で本心を正確に伝える。 ②本心を率直、正確に伝えて、彼自身に彼の志向を変えるか、質問者様と離別するか、判断を委ねる。 ③本心を率直に、正確に伝える。その上で、質問者様ご自身が傾注するもの(ネイチャーフォトグラフでも、ネイティブアメリカンに伝承される野営スタイルでも、或いは嵌まっているミュージシャンのコンサートや観劇など、夢中になれるもの)と、彼の志向するキャンブを、交互に楽しみ、相手は一切不平・不満を口にしない……と云うお二人のルールを決める。 の三択がアンサーになりました。 余計な口出しですみませんが、③が一番建設的な選択肢だと思いました。 お二人の、相互理解と、相手に対する寛容を大切にして頂ければ、初老のオッサンもアンサーした甲斐があると云うものです……。