ここから本文です

宅建の勉強をしています。 初学者です。 権利関係の借地借家法(借地)です。 ...

アバター

ID非公開さん

2019/2/2306:51:29

宅建の勉強をしています。
初学者です。
権利関係の借地借家法(借地)です。

「事業用定期借地権が設定された借地上にある建物につき賃貸借契約を締結する場合、建物を取り壊すこととなると

きに建物賃貸借契約が終了する旨を定めることができるが、その特約は公正証書によってしなければならない。」
という問いがあります。
回答は
「取り壊し予定の建物賃貸借契約の特約は公正証書による必要はない。
法令又は契約により一定の期間を経過したあとに建物を取り壊すべきことが明らかな場合において、建物の賃貸借をするときは、建物を取り壊すこととなる時に賃貸借が終了する旨を定めることができる。この場合、その特約は建物を取り壊すべき事由を記載した書面によってしなければならないが、公正証書による必要はない」
とあります。

・公正証書は書面じゃないのでしょうか?公正証書と書面は何が違いますか?

・「取り壊し予定の建物の賃貸借契約の特約は公正証書による必要はない」
とありますが、ただの書面で良い場合と、公正証書でなければならない場合はどんな場合ですか?

私の理解力不足で大変申し訳ございませんが、ご回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
27
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2019/2/2309:21:18

公正証書とは、公証人法に基き法務大臣に任命された公証人が作成する公文書のことです。
公証人とは、裁判官や検察官などを永年やったた選ばれた法律の専門家のことで、公正証書には証明力があり、執行力もあります。※宅建試験ではこんなこと聞かれません。

宅建試験に出るのは、
「事業用定期借地権の設定をするときに、「公正証書で無ければならない。」という部分のみです。
それ以外は公正証書である必要はありません。
もちろん公正証書でも大丈夫ですが…

この問題は、事業用定期借権の場合でなく、既に事業用定期借地権が設定されているところで建物契約の場合、という引っ掛け問題です。
事業用定期借地=公正証書と覚えると、この問題が正しいと思いがちですよね。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/23 11:05:42

ありがとうございます!

Yahoo!しごと検索で探してみよう

宅建 の求人情報(22,257件)

営業事務、営業アシスタント/その他不動産関連職
  • 【 資格取得の≪日建学院≫グループ 】株式会社ニッケン・キャリア・ステーション
  • 正社員
  • 年収250万円〜500万円
  • 京都府京都市・その他の勤務地(3)
イーキャリアFA
【静岡市葵区】不動産コンサル営業(売買・賃貸)
  • 静岡市葵区の不動産会社
  • 正社員
  • 年収400万円〜600万円
  • 静岡県静岡市葵区
Jusice
[派遣]宅建活かす【不動産事務】シフト制*残業少なめ
  • 日総ブレイン株式会社
  • 派遣
  • 月給26万円〜
  • 東京都大田区
横浜求人ナビ
[正]不動産・宅建、個人営業、企画営業
  • 株式会社エステート白馬
  • 派遣
  • 月給25万円〜35万円
  • 埼玉県所沢市東住吉
バイトル
不動産に関する事務物件の管理等の営業事務
  • 藤和ハウジング株式会社
  • 正社員
  • 月給25万円〜
  • 神奈川県相模原市中央区鹿沼台
求人ジャーナルネット
不動産営業職[賃貸・売買](正社員) センチュリー21の不動...
  • センチュリー21 住宅セレクション(SBヒューマンキャピタル採用代行)
  • 正社員
  • 月給25万円〜30万円
  • 神奈川県平塚市東八幡
ディースターNET
不動産仲介営業(国内/海外の両方)
  • 株式会社BEYOND BORDERS
  • 正社員
  • 年収300万円〜600万円
  • 東京都新宿区新宿
マイナビ転職エージェントサーチ
不動産管理部内の営業のお仕事です! 土地・物件の仕入れ⇒...
  • (株)リブマックス 神戸支社
  • 正社員
  • 月給24万円〜
  • 兵庫県神戸市中央区
フロム・エー ナビ
月給40万円スタート42歳迄全面接中国語歓迎不動産営業
  • 株式会社 住建ハウジング
  • 正社員
  • 年収1,572万円〜
  • 東京都渋谷区大山町
リクナビNEXT
住宅建材の配送及びルート営業
  • 株式会社きくや銘建 株式会社きくや銘建
  • 正社員
  • 月給20万円〜35万円
  • 東京都江戸川区
転職ナビ

もっと見る >>

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/2/2310:58:45

宅建以前の日本語の問題。
小学校から国語をやり直したほうかよいね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

dia********さん

2019/2/2307:17:00

>・公正証書は書面じゃないのでしょうか?公正証書と書面は何が違いますか?


公正証書は「書面」の一部。

解説は、「限定書面」である必要は無く、「一般書面」で良い。

と言っている。

公正証書は以下の3件

(定期借地権)
第二十二条 存続期間を五十年以上として借地権を設定する場合においては、第九条及び第十六条の規定にかかわらず、契約の更新(更新の請求及び土地の使用の継続によるものを含む。次条第一項において同じ。)及び建物の築造による存続期間の延長がなく、並びに第十三条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができる。この場合においては、その特約は、公正証書による等書面によってしなければならない。
(事業用定期借地権等)
第二十三条 専ら事業の用に供する建物(居住の用に供するものを除く。次項において同じ。)の所有を目的とし、かつ、存続期間を三十年以上五十年未満として借地権を設定する場合においては、第九条及び第十六条の規定にかかわらず、契約の更新及び建物の築造による存続期間の延長がなく、並びに第十三条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができる。
2 専ら事業の用に供する建物の所有を目的とし、かつ、存続期間を十年以上三十年未満として借地権を設定する場合には、第三条から第八条まで、第十三条及び第十八条の規定は、適用しない。
3 前二項に規定する借地権の設定を目的とする契約は、公正証書によってしなければならない。

(定期建物賃貸借)
第三十八条 期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書による等書面によって契約をするときに限り、第三十条の規定にかかわらず、契約の更新がないこととする旨を定めることができる。この場合には、第二十九条第一項の規定を適用しない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる