ここから本文です

父親73歳 入院中です。

アバター

ID非公開さん

2019/2/2402:02:20

父親73歳 入院中です。

母親68歳 年金暮らしです (同居の私は会社員41歳)
どうやら確定申告をこれまでやっていなかったので私が付き添ってe TAXなど利用して
確定申告の手伝いをすることになりました。何分息子に聞かれたくない情報もあるのか
私がしらない事も多々ある上で基本的なことかもしれませんが教えてください

確定申告をするのは父親一人で 多分厚生年金の戻りは400万以下です この場合確定申告の義務はないと本にかいてありますが、もらう年金にすでに 介護保険料など控除されているようですがそれ一緒に所得税も控除されているという解釈でいいですか?
両親とも医療費は10万円を軽く超えているらしく、しっかりと領収書はとっておいてあるそうです。払いすぎた所得税の戻り(医療費控除など)をもらう為に確定申告するのである。
母親はただ父親の扶養者という扱いで 特に母親の名前で確定申告する必要はない。

よろしくお願いします

閲覧数:
87
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

2019/2/2402:38:11

年金の申告については、年金機構等からもらう
源泉徴収票が必要です。

年金が一定額以上になると課税されます。
その場合は、年金から源泉徴収されます。

公的年金の場合、400万までで、年金以外の所得が20万までのばあい
確定申告義務はありません。

年金は、給与と違い、年末調整の仕組みがないので、
税の過不足が若干ありますので、

場合によっては、医療費控除をしようと申告したら
追加納税が必要となる場合もありますが
一般的には、医療費控除をすると、税はさがりますので
払いすぎた税があれば、還付されます。

※ 同時に住民税額も下がります。

母の年金が158万をこえているか、いないかです。
超えていない場合は、そもそも源泉徴収もされていませんし
課税もされないので、申告不要です。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/3 01:14:42

ありがとうございます
対象外でした

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kei********さん

2019/2/2412:33:56

まず、前提として公的年金200万円以下程度だけなら、非課税なので「医療費控除」は申告できません。

e-Taxでは、「マイナンバーカード方式」または「ID・パスワード方式」があります。
前者は、マイナンバーカード+ICカードリーダライタが必要ですし、後者でも、税務署での対面本人確認が必要です。
どちらにしても今から準備するのは無理そうですけど。

「確定申告書等作成コーナー」で作成して税務署に提出もしくは郵送するのが現実的と思われます。


「医療費控除」の申告くらいなら「確定申告書等作成コーナー」で作成すれば、それほど難しくはないと思います。

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる