ここから本文です

自分探し、何者かになりたい とは何ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/2/2719:27:50

自分探し、何者かになりたい とは何ですか?

よく小説や漫画、映画などにある「自分探しにいく」というものがよくわかりません。
大体「自分は誰なんだ」「何者かになりたい」などカテゴライズされたいような理由が書いてあることが多いですが、大人になった今でもいまいちよくわかりません。
小学生の頃本で読んで、思春期によくあること、モラトリアムの一種と書いてあり自分もいつかこんなことを思う日がくるのかな?と思ってましたが一向にそんな時代はきませんでした。
結局「自分はじぶんのままでいいんだ!」などという答えにたどり着くことが多いですが、本などを読んで「自分探しってこういうことだったんだ!」という納得する答えに出会ったことがありません。
(そのキャラクターにとっても、自分探しという理由についても)
物語の中でその人物がその答えに納得していたら「まあ納得してるしいいか…」という感じで読み進めはしますが、正直もうすこし理屈としてしっくりくる答えや意義が欲しい気がします。

外に出て、色んなものをみて、色んな人に触れ合い、世の中を知り、経験値を上げるというのはわかります。
視野を広げるという意味でも遠く離れたところにいくのはとても良いことだとは思いますが、身の回りにも経験できること、良い人々、良い環境があるのに
(身内が毒だったり、環境が凶悪だったりなどという身の危険を感じる場合は除いて)
あえて外にいくというのは
周りの人を卑下してるのではないかと思うのです。なんか自分を一人だけ特別だと思っているような…
そして外の世界の人々には素直に影響を受ける。
近くに同じものがあったとしても…
それなのにあえて外に行く意味がわかりません。
身近な人から学び、さらに世界を見たいと出るならわかりますが…

この疑問をここで聞いてみようと思った理由は、少し前に自分探しっぽいものを未だにしている方に出会ったからです。もう30前なんですが。
学生時代から頻繁に海外へ行っているらしく、最初は「すごいなぁ!」と思っていたのですが、
「いろんな場所へ行くといろんな人に会って刺激を受ける、自分が深まる」という話をだんだんするようになり、「昔に比べてなにか変わった?」と聞いたら「心が豊かになった」と答えられました。
ですがその人は相変わらず仕事での不注意・ミスが多く、心が豊かになったというわりにはょっと注意するとすぐ機嫌を悪くしまう。そして斜め上のグローバルな言い訳だけがやたら上手になっているため、上司やとばっちりを食う部下が頭を抱えています。

そんな人を見て、久々に自分探しってなんだ?と疑問に思い質問させて頂きました。
私も旅行は好きで、やはり異文化に刺激を受けたりしますが「世界には色んな人がいるんだぁ、楽しかった!」という気持ちにしかなりません。
また、子供のから自分ってなんだろうなんて思わず、自分は人間で、この世に自分として生を受けたのだから楽しく後悔しないような人生にしよう…っぽいことをぼんやり思っていました。
(言葉で言い表せるようになったのは高校くらいからですが)
後悔しないというのは失敗しないという意味ではなく、失敗してもいいから好きな事をやろうという意味です。そして自分で好きな次の道(進路など)を選んだ時は、自分で選んだのだから楽しくなるように、失敗しても苦手でも糧になるように精一杯努力しよう・・・という感じです。

自分探し~とか何者か~という方々はなんとなくですが、俺はオレで好きなことをやりたいんだ!見つけたいんだ!と色んなことに挑戦するわりには、少し触ってだめだったら「自分には向いていない」「教え方が悪い、出会う人が悪かった、違うところに行けば教えるのがうまい人に会うかも」など自己責任感がなく、あちこち転々とする方が多い気がします。
そしてムダにポジティブなので「やったことが経験値」「行動力がある」など前向きな言い方で表す・・・ような気がします。


長くなってしまい申し訳ないですが、自分探しをしたことがある方、どんな理由でどんな結果が得られましたか?
また、自分探しをしようと思う心理ってなんでしょうか??
生まれ育った環境も影響しているのでしょうか?
そもそも自分探しってなんなんですか?


よろしければ皆さんの見解を教えて頂きたいです。
自分探しについて納得できるようなご本があればそちらもぜひ読んでみたいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

has********さん

編集あり2019/2/2818:43:32

2パターンありますね。

1つめは、記憶喪失とかで単純に自分のことがさっぱりわからなくなってしまっている場合。「自分は誰なんだ?」がこれに相当するかと。

もう1つは、自分のやりたいことを探す(理想の自分を見つける)ことではないかと。
おそらくそれが「何者かになりたい」の正体だと思うんですよね。なので、思春期に多いわけですよ。
この時期は周りに流されるだけで、自分に目を全く向けてなかった人(今が楽しけりゃいいじゃんって人たちね)も多々いらっしゃいますから。

多分こういうことなんだと思います。

俺も昔自分の家系を紐解いたことはありましたが、単純に興味本意でした。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/2 13:31:25

回答有難う御座います。記憶喪失に関してはまた別の話だとは思うのですがそのパターンも入るのかとクスッとしてしまいました。
自分のやりたいことを探すという動機もわかるのですが、それに伴う行動がずれているようで本当に探す気があるのかな、と思っています。
本当に探している人はもっとちゃんとしてました。(文字数制限で具体的には書ききれませんが)少し自分でも想像してみようと思います。有難う御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jga********さん

2019/2/2722:55:29

あなたは自分を説明だけるだけの情報が足りないだけ。でもそれでいいじゃないですか?今までのものが納得できないなら、代わりのものを見つけて次々に足していけばいいだけのこと。

僕も自分が何者なのかを知りたくてね。あらゆるものを集めている。少しずつ集めた多くのものから実験と検証を繰り返し、知識と能力を己に蓄積させていく・・・。そしてそこからまた新しい自分に向かって生まれ変わっていく。そしてまた同じように新しいものを手に入れる。

自分が何者かだって、この世のあらゆるものと情報、それら全てを集め尽くしさえすれば導き出せないはずはないのですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる