ここから本文です

沖縄基地問題でよく地理的な理由でってのを挙げられますが、

アバター

ID非公開さん

2019/2/2813:48:18

沖縄基地問題でよく地理的な理由でってのを挙げられますが、

『逆に沖縄が存在しなかったら??』


っていうifな世界ではどのような場所に置いた方がいいのか良い案がありますか??

また、何故そこに設置するのかの理由も一緒にしてくれるととてもありがたいです。

なお、何度も言うようですが、『沖縄が無かったら』という世界線です。中国のもの、アメリカのものという次元ではなく、沖縄列島すら存在しません。沖縄という概念すらありません。
そのくらいの文章すら理解できない方はお断りさせて戴きます。

知識豊富な方の素敵なご意見お待ちしております。

補足捕捉で、
敵の武器は海軍だけでなく、空軍や長距離ミサイルも活用してきます
あと仮想敵国は中国だけでなく、韓国、ロシアの場合も含むとさせていただきます
理由としましては現在の日本の領土問題を参考にさせていただきました

閲覧数:
108
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aji********さん

2019/2/2815:01:44

アメリカ空軍はすでにアリューシャンから豪州までの広域帯でのローテション配備だから、沖縄の嘉手納が無くたって同じ。

海兵隊はその軍種から判るように、沖縄や日本の防衛を担っている訳では無いので(というか、日本の防衛は自衛隊が一義的に担っていますし)、外征のための前進拠点は他に求めるだけ。
おそらくフィリピンで、ピナツボ火山の噴火でも撤退しないというような塩梅でしょう。

>現在の日本の領土問題を参考にさせていただきました

なんで米軍基地に日本の領土問題が関わるの?、趣旨は「沖縄基地問題でよく地理的な理由」でのIFなのに。
ましてアメリカと同盟国で休戦中の朝鮮戦争を抱える韓国まで。

そもそも韓国を領土問題で仮想敵としたって、沖縄の有無は関係ないじゃないですか。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/2/2815:20:06

    最近韓国と特にピリピリしているのと、竹島とかの問題を上げました
    もちろん中国も怖いのですが、実質的に韓国が既に占領しているので

    アメリカ軍が日本を守るって方の意見がネットでとても多いので、果たしてこんなはしっこに置いて守れるのか疑問だったのと、すぐに『沖縄ガー』いうので、じゃあ沖縄無かったら何処に置くのだろうかと思って質問させて頂きました

    アメリカ軍は日本を守るためのものではなく、自衛隊が守っているのですね
    有事のときにきちんと動けるのか心配でした
    事故っても原因明かしてくれないので、不信感しかなかったのです

    なるほど、日本を守るための軍ではない
    エリアを守るための軍
    まずスケールの問題だったのですね
    なるほど、
    凄く納得できました





    ところであなた様の『何処に置くのか』という質問の回答は『何処に置いても、もしくは置かなくても同じ』と捉えてよろしいですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fig********さん

2019/3/308:21:18

支那が、沖縄本島を含む第一列島線を形成する島々を占領しようとしているのは、
そこを防御ラインとして東シナ海の西側、中国寄りの大陸棚と琉球諸島の間に横たわる沖縄トラフと呼ばれる長さ約1,000km、幅約200km、最大深度2200mを、中国核ミサイル潜水艦の聖域とするためです。

東シナ海の西側、大陸棚は平均200m位の深度しかありません。
座礁を防ぐためには進出中は100m位しか潜れませんね(一般的に潜水艦の常用最大深度は400mと言われてます。ソ連のアクラ級の圧壊深度は900m)。
これでは対潜ヘリや哨戒機の絶好の獲物となります(去年の1月、大陸棚より深い日本との接続水域で、哨戒機に見つかって支那の原潜、二日後に公海上で12日に浮上し、国旗を挙げ=降参しましたよね)。

また休養、補給、出撃拠点とすることです。
さらに琉球諸島東側の太平洋に出れば、より深い海がまっていますね(更に被探知性を下げるため第二列島線進出を狙っている)。

そして、支那潜水艦を狩りにくるアメリカ攻撃原潜を、海底に沈めた哨戒網や哨戒機のソノブイで見つけて狩り、また空母機動部隊の哨戒機、または対潜ヘリを積んだ艦艇を、対空、対艦ミサイルで撃墜、撃沈、追い払うことです。

ロシアが、択捉(えとろふ)島と得撫(ウルップ)島の間の
択捉水道(水深1300m)を何時でも閉鎖出来るようにして、オホーツク海を潜水艦の聖域としているように(択捉海峡以外は水深が浅い)。

ロシアの最大の基地ムルマンスクが面しているバレンツ海も、サンクトペテルブルグが面しているバルト海も、外海に直接面しています。
なので、ロシアの潜水艦の出港直後から、海底に潜んで待ち構えていた超静粛なアメリカ攻撃型原潜が音もなく追尾してきます。
開戦になれば、すぐさまソ連のSSBNはアメリカ潜水艦に撃沈される危険があります(そしてこれは、現在の支那海軍とて同じだからです)。
が、四方をソ連占領下の島嶼に囲まれたオホーツク海なら、いかなアメリカ海軍と言えども容易に進入できません。

さらに冬、結氷せず、かつ安全に通峡してロシアの潜水艦を狩るために航行できる海峡は、日本海側の宗谷海峡と、太平洋側では国後島と択捉島の間にある国後水道くらいしかないのです(国後海峡は最大でも484mの水深)。

ロシアの戦略核ミサイル原潜を沈めるためにオホーツク海に侵入するアメリカ潜水艦または米空母機動部隊を、択捉海峡または宗谷海峡を通過する時に沈めるために。
ロシアがこの二島に最近、新しく対艦ミサイルと対空ミサイルを配備したのは、支那に対するアメリカの動きを見てでしょう。

だから、歯舞諸島、色丹島の二島は返還しても、オホーツク海から太平洋へ、またその逆に出るための交通の要衝・択捉水道の防衛ラインである国後島、択捉島は返還しないのです。


さて、ここからが本題です。

もし、第一列島線が支那の物になれば、アメリカはロシアと中国との二正面核戦争の危機を迎えます。
アメリカはそれを断固として許さない!
という決意がファーウェイ副会長逮捕や製品追放に見てとれますね。
なぜなら、固定式核ミサイルサイトは位置がばれていることでしょうし、移動式核ミサイルも偵察衛星や特殊部隊で探し出すことは可能ですが、海に潜った潜水艦を探し出すことは大変困難だからです。
今までは不完全だった支那の核戦力が完成してしまうからです。
ですので、そうさせないために、アメリカは支那が先島諸島に手を出してきたら、必ずや戦争に突入するでしょう。

で、これに北朝鮮も加われば、アメリカは三正面作戦を強いられる事になることは分かりますね。
その為のトランプ大統領の『北朝鮮と戦争やるやる詐欺』です。
もちろん戦争オプションを捨ててはいませんが。

ですので、聖域化を阻止するためにも、カナダやオーストラリアだけでなく、イギリスやフランスまでもが、我が日本に軍艦と哨戒機まで出張ってきているのです。
それは、今までに支那に投資した莫大な資金が無駄、灰塵になり事でもありますから。
https://seijichishin.com/?p=12942
https://sp.fnn.jp/posts/00409481CX

ですから沖縄で基地返還運動や辺野古移転阻止等を行う自称、平和運動家。
琉球諸島の防衛を棄損しようとする彼らは
後の世には、
『彼らこそが米中戦争、全面核戦争を引き起こした張本人だ!!』
と避難されることでしょうね。
人類が、いや日本人が生き残っていたらの話ですが。

支那もアメリカも、もし本土が核戦争の舞台になるのを嫌がるなら、その代理核戦争は日本が舞台になります。

参考に
アメリカのアジア戦略は
http://militarywardiplomacy.blogspot.com/2017/06/blog-post_8.html
これをクリントン、オバマと引き継いで来たわけだが、トランプで劇的に変わった。

以下のペンス副大統領の演説を見ての通り
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57929

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mal********さん

2019/2/2819:27:19

まぁ歴史ifのあるある問題点だけど、影響が大きすぎて予測ができないよ。
「沖縄がなかったら基地をどこに置く?」という単純な問題じゃない。
沖縄がなければたとえば江戸時代、琉球を支配下に置いた薩摩の先進性というのは大部分失われる(史実通りに明治維新が起こるかわからなくなる)し、帝国主義の時代の海外政策も大幅な変更を迫られる。

まぁ、単純に現代に沖縄が存在しなくなったら? という話題だったとして。
米軍基地が沖縄にあるのは、列島線によって中国大陸と太平洋の間に関を設けることが理由として大きい。九州-沖縄-台湾-フィリピンというラインのどこかを突破しない限り、中国は太平洋へ進出できない。

九州と台湾に大規模軍隊があればこの海域の海上封鎖が可能なのかどうか、軍事的な能力についてはわからないので不明。可能なら、九州(長崎あるいは鹿児島)と台湾に設置して現状の戦略を維持するだろう。
ただ、この場合は九州はともかく、台湾に米軍を置けるかという問題がある。台湾に米軍基地を置くということは、とりもなおさず中国とアメリカが直接対決するということを意味する。

台湾への基地設置が不可能だったり、あるいはそもそも九州-台湾海域の封鎖が海軍の能力を超える場合には、アメリカはアジア太平洋戦略を練り直さなければいけない。
一番可能性が高いのは、戦略的な勢力圏を前述のラインから、小笠原諸島-グアム-ハワイ-オーストラリアまで交代させること。この場合、基地を置くのは小笠原諸島と関東(横須賀の増強が有望だろうか)になると思う。
西日本はこの場合かなり危険にさらされることになるけれど……。

あと、韓国を仮想敵としたらアメリカの戦略なんて考えられん。
韓国、日本(沖縄)、オーストラリアがアメリカのアジア太平洋戦略の要だぞ。沖縄米軍(沖縄がなかったとしたら、移動先の米軍)も当然韓国・オーストラリアとの連携を前提にしている。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gfk********さん

2019/2/2814:30:22

その時は東洋のジブラルタルが沖縄から台湾に代わってるだけでしょ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ani********さん

2019/2/2814:25:05

鹿児島ではないでしょうか。

沖縄がないならそこが一番東シナ海に近い場所、つまり中国と日本の衝突地点に近い場所になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる