ここから本文です

Jリーグにイニエスタが来たことがまだ信じられないのですが、、なんで??

アバター

ID非公開さん

2019/3/321:41:16

Jリーグにイニエスタが来たことがまだ信じられないのですが、、なんで??

閲覧数:
62
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/3/416:18:53

一つはそれだけ高額な報酬を神戸が払ってくれるからです。
そして日本が中東や中国に比べると衛生的であり、安全な国だから。
そしてイニエスタはワイナリーを持っていて、ワインを製造販売しています。そのワインを売るために日本に来た目的もあると思います。市場の開拓かな。
赤ワインは美味しいらしいですよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asahaka2016さん

2019/3/414:52:28

必要なカネを積んだから。
必要以上のカネがかからなかったのも大きい。

jas********さん

2019/3/414:46:31

頭打ちになっているヨーロッパサッカーの市場拡大には今後アジア開発は必然です。当然、中国がマーケットとしては大きな位置づけになり、数年前からトップスターが突然中国に移籍していますよね。しかし、中国リーグは何ランクも落ちるリーグになってしまうだけでなく、サッカー人気の開発が間に合わず経済効果も思ったよりも成果が上げられない時期が続いたわけです。

そこで目を付けたのが日本サッカーです。人気の面は既に開発済みでリーグレベルは中国よりも上、何より選手環境が良い。中国の発展を待つ間の拠点としては良いと判断され、ダゾーンを始めヨーロッパの資本が日本に流れることになった。

その流れをいち早く感じ取り、ビジネスとして着目したのが楽天です。早々にヨーロッパでも最高峰のクラブである楽天のスポンサーとして投資、見返りとしてスパープレーヤーをJリーグに呼び込んだわけですね。

何よりスタジアムの一席の料金は倍になりました。それでも満席。神戸のチケット売り上げは右肩上がりです。これでACL優勝でもすれば投資を遥かに超える額が楽天に転がり込むことになります。

kj1********さん

2019/3/322:35:23

楽天の三木谷社長の尽力が非常に大きいでしょうね。

バルセロナのスポンサーになったのも、楽天の広告宣伝だけでなく、バルセロナとのコネクションを強めることで、同じくスポンサーを務めるヴィッセル神戸にバルセロナの選手を誘致し、ヴィッセル神戸のバルサ化、強化まで視野に入れていたでしょう。

三木谷社長は、バルセロナのスポンサーになる前から個人的にピケと交友関係を深めていたり、その他にもビッグプレイヤーを日本に招待したりと、コネクションの築き方も巧みで、更なるビッグネーム獲得も期待してしまいます。

あのイニエスタが日本に来るなんて、2年前には夢にも思いませんでしたが、本当に三木谷社長の手腕・功績は素晴らしいと思います。

生生流転さん

2019/3/322:11:36

ヴィッセル神戸のスポンサーと

FCバルセロナのスポンサーが

楽天だったから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる