ここから本文です

日本人は、いつまで嫌韓を続けるのですか? . 日本の最大の貿易相手国は韓国。 ...

cho********さん

2019/3/422:47:53

日本人は、いつまで嫌韓を続けるのですか?
.
日本の最大の貿易相手国は韓国。
日本と韓国は同じ民族。
日本人は嫌韓と言いながら韓国ドラマ大好き。
紅白歌合戦へのK-POP出場枠を減らした

NHKへは抗議殺到。
大学の第二外国語で人気No.1は韓国語。
結婚披露宴の料理の人気No.1は韓国料理。
海外旅行の渡航先人気No.1は大韓民国。
スマホ人気No.1は韓国サムスンのギャラクシー。
輸入車人気No.1は韓国ヒュンダイのジェネシス。
若者のファッション人気No.1は韓国発祥の黒マスク。
.
その他、多すぎて 書ききれない。

.
※なぜか質問が削除されたので再投稿しました。

補足いただいた回答全てが「不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。」と表示されています。

真面目に回答しろ。

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
718
回答数:
31

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

リクエストマッチ

編集あり2019/3/722:57:05

韓国人は、いつまで反日を続けるのですか?

そして、あなたは大きな勘違いをしています。「ドラマが好き」、「料理が好き」などの民間交流をヤメろとか「そんな事をやってるやつは売国者だ」とか言っているわけではありません。

あくまでも国家間での関係悪化があるので、距離を置き互いに頭を冷やせという事です。

「韓国人はクソ」だとか「在日韓国人を殺せ」とか言ってる人は韓国で「震災お祝いします」と横断幕掲げてるやつと同レベルです。

そして、最後に言っておきますが日本は韓国と断交してもそこまで打撃は大きくありませんが韓国はサムスンをはじめとする主な企業が日本から部品を輸入しているので、製品が作れなくなります。(どうせ中国に頼るだろうけど)
さらに、ここまでの関係悪化のほとんどの原因は韓国にあります。

●レーダー照射問題
●慰安婦問題←これは元々朝日の捏造
●徴用工訴訟問題

唯一日本が原因なのは慰安婦だけです。朝日新聞が事実を捻じ曲げて慰安婦問題というものをでっち上げました。すみません。

しかも、それに油を注ぐかのように韓国側が「天皇陛下は謝罪しろ」という言葉を発しました。→関係改善したいならこんなことしないよね。

以上のことからまともな人ならわかると思うのですが、日韓関係の悪化を最前線で煽っているのは韓国だという事を覚えておきましょう。

あまり嘘ばかりついてるとライフ1になりますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/11 07:11:12

> あまり嘘ばかりついてるとライフ1になりますよ。

違反報告するな!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/30件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

fre********さん

リクエストマッチ

2019/3/1020:17:18

日本人の現在の反韓感情の歴史は、新しい。以下の様に、韓国が仕掛けて、日本人が反応しているだけだ。韓国人が反日を止めれば自然に日本人の反韓は収まるだろう。

1999年に、戦後生まれの反日活動家が、韓国で、VANKという反日団体を創設して、国際反日プロパガンダ活動を開始した。その後、イミョンバク大統領が、これに着目して、資金援助を開始し、さらに、2009年に国家ブランド委員会を立ち上げて、より公的に、多面的に、”ディスカウントジャパン(日本の評価を落そう)”の海外活動を展開するようにした。ここでは、朝鮮が日韓併合にて繁栄していたことを否定して、暴力と搾取であふれていたかの如くねつぞうして広報された。慰安婦とは、もともと、軍にまとわりつく業者の売春婦のことなのに、旧日本軍管理の性奴隷であるとの広報がされた。しかし、この考えは、欧米人に浸透し、アメリカ・グレンデール市に慰安婦像が建てられるようになった。
今、多くの日本人が、この韓国の活動をねつぞうと理解して、反発し始めている。
ここ、ヤフー知恵袋も、韓国政府やVANKの意を受けた、在日韓国朝鮮人ネットワーカーの反日投稿が、あふれている。たとえば、以下だ。当然、これへの反発回答も増えきているのが現状だ。新大久保の反韓デモも参加者が大幅に増えた。だから、嫌韓や反韓は、韓国の反日国際活動の反発に過ぎない。日本人が仕掛けているわけでは無い。韓国が仕掛けているのだ。

日本人の現在の反韓感情の歴史は、新しい。以下の様に、韓国が仕掛けて、日本人が反応しているだけだ。韓国人が反日を止め...

ibx********さん

2019/3/1016:46:50

●【古森義久のあめりかノート】米の本音「非は韓国にある」
2019.3.10 11:01
https://www.sankei.com/column/news/190310/clm1903100005-n1.html
ワシントンでは北朝鮮の非核化をめぐる論議がまた一段と熱を帯びてきた。
その過程では「日本」や「日米同盟」の重要性も意外と強調される。
7日の戦略国際問題研究所(CSIS)の集会で基調演説をした上院外交委の東アジア太平洋・国際サイバー安全保障政策小委員長、コーリー・ガードナー議員(共和党)も北朝鮮の非核化には「堅固な日米同盟」が不可欠だと繰り返した。
同議員はトランプ大統領にも近く、北朝鮮の人権弾圧を非難し、日本の拉致問題解決への協力に積極的な若手政治家である。
ただ唯一、歯切れの悪かったのは日本と韓国のいまの衝突に触れない点だった。
議会でも政権でも当事者であればあるほど、日韓対立の論評を避けるようなのだ。
米国にとり日韓両国との絆はともに超重要だから、一方をあえて反発させないという計算だろう。
だが踏み込んでみると、トランプ政権内外では、いわゆる徴用工(正確には戦時労働者)、慰安婦、レーダー照射と、どの問題も非は韓国側にありとする判断が濃い実態が浮かんでくる。
そんな米側の本音を朝鮮半島情勢専門の大ベテランのラリー・ニクシュ氏が驚くほど率直に語ってくれた。
同氏は米国議会調査局で朝鮮半島や東アジアの安全保障問題を30年間も担当し、現在はジョージ・ワシントン大教授やCSIS研究員という立場にある。
「韓国裁判所の戦時労働者に関する判決が日韓間の条約や協定に違反する形で履行されるのであれば、日本政府は世界貿易機関(WTO)に提訴し、韓国側が標的とする日本企業の資産の差し押さえや現金徴収をした場合に、その金額に等しい関税を韓国からの輸入品にかけることを宣言すべきです」
「日本国内からの韓国当事者たちの本国への送金に特別な税金をかけるという警告も一策です」
韓国が新日鉄住金や三菱重工業に実害を与えれば、日本政府は制裁あるいは報復としてその金額に等しい関税や特殊税を韓国側に課すべきだというのだ。
非は韓国側にあるから、という前提だろう。
言葉では非難しても行動はなにもとらない日本政府の態度とは対照的な提言だった。
第三者の米国からみれば、この問題での黒白はそれほどはっきりしているということだろう。
ニクシュ氏の見解は慰安婦問題についても明快だった。
「慰安婦問題を終わりにするという2015年の日韓合意は米国政府も公式に支持した国際合意です」
「日本政府はその規定を厳守して、補償金などをすでに支払いました」
「その合意全体を破棄するという韓国政府の行動はどうみても正当化されません」
「日本はこの問題での再交渉や再協議には一切、応じるべきではない」
文在寅政権の措置は不当だと明言するのである。
ニクシュ氏はこれまで日韓の対立では日本側の立場を支持しない場合も多かった。
同じ慰安婦問題でも日本側の一部の主張には明確な反対を述べることもあった。
そんな中立の米国専門家が今回は韓国の非を指摘することをためらわないのだ。
日本政府にとっても有効な指針とすべき見解だろう。
(ワシントン駐在客員特派員)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ten********さん

リクエストマッチ

2019/3/1012:24:09

よくもまあ出鱈目を並べられたもの!一種の詐欺?削除されて当然!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

blu********さん

編集あり2019/3/1015:03:26

まずは反日思想と活動やめたらいいんでないの?
cho***こそちゃんと質問しろ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2019/3/1010:12:47

習近平「韓国は歴史的に中国の一部」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる