ここから本文です

遺産相続ですが、親が遺言書を書いて、その中で、不動産(田、畑、山林)を、私に...

jam********さん

2019/3/723:38:27

遺産相続ですが、親が遺言書を書いて、その中で、不動産(田、畑、山林)を、私に相続させると書いてあったら、私は、相続しなくてはいけないのですか?2020年から、遺産の中で、いらない不動産

は、相続放棄出来る法律が出来るのではないでしょうか?

閲覧数:
118
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

馬場 龍行の画像

専門家

2019/3/723:43:53

相続しないといけないことはありませんが,相続放棄をする場合には特定の財産を選んでするのではなく相続財産全体についてしないといけません。

  • 質問者

    jam********さん

    2019/3/806:22:08

    今国会で、審議中と聞きましたが…。相続した後に放棄出来るの間違いでしょうか?希望しない不動産…例えば、山林

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

馬場 龍行の画像

馬場 龍行

弁護士

念ずれば通ず。

弁護士法人エースの代表弁護士をしています。 依頼者の期待を大きく超える結果を出すことよりも,常に安定して期待を超え続けることに重きを置いています。中小企業法務から個人の法律問題まで幅広く対応します。 弁護士法人エース(本店) 〒104-0061 東京都...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2019/3/808:59:51

先ず、いわゆる「摘み食い相続」や「摘み食い受贈」を可能にする法案が審議されたり、法制審で検討されている気配はありません。

おそらくあなたが言われているのは、遺産の一部分割のことではないでしょうか?

改正民法907条
1.共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の全部又は一部の分割をすることができる。
2.遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その全部又は一部の分割を家庭裁判所に請求することができる。ただし、遺産の一部を分割することにより他の共同相続人の利益を害するおそれがある場合におけるその一部の分割については、この限りでない。
3.前項本文の場合において特別の事由があるときは、家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、その分割を禁ずることができる。

これは、複数の遺産がある場合に、これまでも任意分割をする場合、理論的にはそのうちの一つだけを分割し、残りの分割を後回しにすることは可能だったのですが、一般的には紛争を後回しにしないために全部を一括して分割するのが常態化していたのを、法律として一部分割が可能であることを明らかにしただけのことです。
従って、この条文は「摘み食い相続」や「摘み食い受贈」を可能にしたというものではありません。

従って、現行法によれば、遺贈内容の一部に不服がある場合、その全部について権利放棄をすることはできますが、一部について権利を放棄することはできません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

a00********さん

2019/3/723:46:38

そんな法律ができるのですか。
できないように思います。
欲しいものはもらう、いらないものは放棄する
ということはできないと思います。
もらうか、もらわないかです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる