ここから本文です

これ(※)は<安楽死>でしょうか? 個人的には、厳格な条件の下で安楽死も認め...

名前さん

2019/3/815:01:05

これ(※)は<安楽死>でしょうか?

個人的には、厳格な条件の下で安楽死も認められても良いと考えております。

ただ気がかりなのは、本当に<安楽死>なのか?

一歩進めて<快楽死>ならいいですが、安楽と称しておきながら、実は安楽な死ではないなら結構です。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000026-asahi-soci

人工透析せず死亡、他にも複数 福生の病院、都が調査

3/8(金) 11:57配信

臓病患者の40代女性が人工透析治療を中止し、死亡していた公立福生(ふっさ)病院(東京都福生市)で2013年以降、ほかに患者約20人が透析治療をしなかったことが分かった。
このうち死亡した患者も複数いるとみられる。
都は、死亡に至る経緯や透析中止などに関する日本透析医学会の提言に照らして適切だったかどうかなどを調べている。

都などによると、福生病院の医師と腎臓病患者149人が人工透析治療を始めるかどうかを相談し、その際、医師が透析をしない選択肢も示した。
約20人の患者がそれを選び、複数が死亡したとみられるという。

これとは別に、透析治療を受けていた30代と50代の男性患者2人が福生病院の医師と相談し、透析を中止したケースもあったという。
そのうち50代の患者はその後死亡したという情報もあり、都が事実関係を確認している。

都や病院関係者によると、昨年8月、別の医療機関で透析治療を受けていた40代女性から相談を受けた福生病院の医師が、女性の同意の上で透析を中止。
女性が1週間後に死亡したことが分かっている。
透析中止について、日本透析医学会は、患者の状態が極めて悪いなどの場合に限って検討できるとする提言をまとめており、都や学会が同病院の対応について調べている。

福生病院は福生市、羽村市、瑞穂町でつくる福生病院組合が運営。
組合管理者の加藤育男・福生市長は8日の市議会特別委員会に先立ち、40代女性が死亡した件について病院長から報告があり、「患者や家族に丁寧に説明し、きちんとコミュニケーションをとっている」との説明を受けたことを明らかにした。

朝日新聞社

閲覧数:
268
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sha********さん

2019/3/820:26:20

「安楽死」は本人の意思が必要であって医師の医師や
考えで行うことはできません。
認められていません。

「厳格な条件」は医療の延命治療に関し回復の見込みがない
場合
本人もしくは家族の意志によって何度も確認し
「いつでも撤回できる」というのが厳格な条件で
すでに行われています。

学会もコメントを出すと思いますが
医師の見解は患者の意志を超えることはありえません
いつでも自由に撤回できるのがルールです
とんでもないこと、しでかしたのではないかと思います
医師なら絶対に避けないとすべてを失う可能性があります

「病院長報告」では何の説得力もありませんから
結論にはなりません
完全な第三者機関の調査分析で判断されるのであって
このあたり欧米に比べて極めて杜撰ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「透析中止 福生病院」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

js1********さん

2019/3/821:47:42

無知なだけな無駄な死だと思います。

den********さん

2019/3/817:06:21

参考にして下さい。
(1)他者から見て倫理的に疑問があたとしても、自身の命は自身で決定すべきだと考えます。
透析患者は他の重大な病気が無い限り判断能力があります。私も母の延命治療を止めるよう医師に申し出ました。

(2)透析は非常に辛いものであり、また治癒しないようです。透析をするぐらいなら静かに息を引き取りたいと願って自宅に居た方がおられたのをお聞きした事があります。私は何年も病院や施設にお世話になっておりその際にお聞きしました。

むむむさん

2019/3/816:53:11

透析を拒否して死ぬ場合、間違いなく苦しむので、あなたが書かれているような、楽に死ねることはありません。

oso********さん

2019/3/815:24:54

消極的な安楽死は日本でも認められています。
消極的な安楽死とは 生命維持装置を外すとか 人を殺すと言う行為を伴わない
安楽死です。これは積極的な治療を受けない 積極的な生命維持を受けないと言う
個人の自由意思の延長線です。ガンを宣告されても 積極的な治療は受けないと言う選択をする事と同じです。但し 法定伝染病に限っては 治療を受けなければならないと言う法律が有りますからこの限りではありません。

このケースは積極的な治療を受けないと言う範囲の中だと思います・・・
司法(検察や裁判所)がどのような判断をするのかそれは判りませんし 医師が
延命措置を取らない選択を進めるのには倫理上どうなのかな と思います。

積極的な安楽死とは まだ生きる力を持つ人の命を絶つと言う行為ですから
必ず人を殺すと言う行為が伴います。これは 法的に認められているわけではありませんが 日本の場合 殺人罪に問われ裁判に掛けられた医師は無罪になっています。
判例としては 日本も安楽死が認められている・・・但し 殺人罪になるかもしれない と言う状態が今の日本です。

aki********さん

2019/3/815:23:46

死に至るために積極的な医療行為(薬物投与など)を行っていないので、尊厳死に分類されるものかと。

透析が延命治療かどうか微妙だが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる