ここから本文です

こんばんは。 至急で相談させてください。 結婚式のキャンセル代金についてです...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1000:11:05

こんばんは。
至急で相談させてください。
結婚式のキャンセル代金についてです。
お互い納得した上で決めた結婚式場で結婚式場を決めました。
しかし私の親の都合で一年延期となりました。

本来あげる日程(2018年10月6日)でした。
延期した日程(2019年9月28日)に決定をしました。
しかし今回とある事情で結婚自体を取りやめることになり、式場にキャンセルを申し出ました。
まだ何もドレスや料理など何も決まっておらず、
概算で350万という見積もりをもらっただけです。
延期は金額がかからず
そのまま延期することができました。
規約を読み実際に今回キャンセルを申し出た所、延期をした2018年10月6日からキャンセル日程が設定されると言われました。
もうすでに10月6日が過ぎている為、
延期をした最新の見積りの全額350万を一括で払えと言われました。
これは妥当なキャンセル代金なのでしょうか?
規約を読む限り延期後のことはかかれていません。国語能力がなくわかりづらい説明で申し訳ありません。
厳しいご回答は今の自分に辛いのでお控えいただければ幸いです。

延期,キャンセル代金,キャンセル料,規約,弁護士,結婚式場,厳しいご回答

閲覧数:
427
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2019/3/1110:46:55

この式場と結婚披露宴をあげると言うことで「契約をした事」になるっと言う認識を持って下さいね。
そして、この契約書をみると、見積金額の100%を支払う義務があるとかいてあります(あなたの読解力が無いだけです)
日程変更料は60日前までなら50万円、それ以降なら見積金額の〇%が発生しますよ、当日の日程変更なら100%代金を支払った上での日程変更が可能です、っと言う意味です。

もし、貴方方が30日前に日程延期をしたなら、本来は140万円支払った上で日程を延期しなければならいのです。
が、ここはホテル側が延期理由を含め考慮してくださったのでは?

それが中止となれば、350万+140万の支払いを求められても不思議ではありません。
なので、350万円を支払う義務があります。

どうしても腑に落ちない、私達に落ち度はないと言う事であれば、弁護士さんに相談してみるといいですよ。
相談料は1時間あたり5000円~1万円
弁護士さんがホテル側と交渉して、安くさせます!っと言ったら、弁護士さんにお任せするのも良いでしょう。
ただし、着手金が10万円~発生します。
その他に時間報酬料(交渉に掛かった時間)
交渉成立した場合、成功報酬として〇%の支払いが発生します。

まずは、自治体の法律相談窓口に行ってみてはいかがでしょう?
30分だけど無料と言うところが大半です。
契約時の書類、延期した際の書類、今回請求された時の書類、全て持参しましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

erg********さん

2019/3/1513:28:51

そういう規約なら仕方がないでしょ。
それを承認したうえで契約したんですから。
理解していなかったなんて理由になりませんから。
まぁ割り引きしたほしいなら直談判して不当だと言うしかない。

rur********さん

2019/3/1109:50:55

基本的には延期前の日程からキャンセル料の計算をします。
でないと、キャンセル料を安くするためにわざと一旦延期する方がいますので…。

キャンセル自体は自己都合ですので、ある程度の支払いは必要になると思いますが、あとは式場との交渉次第かと思います。

chi********さん

2019/3/1001:32:26

延期が関わっているので何とも言えませんが、キャンセル料の契約が「不当な契約条項」にあたる場合は無効となります。質問の件では、基準にする日を機械的に2018年10月8日とした点と、それを基に材料の調達までじゅうぶん時間のある料理の代金なども全額請求した点ですね。10月8日以降のキャンセル料が100%になるのは料理などを全て用意したからであって、この件は違いますから。質問の内容だけでは判断しかねる部分もありますので、消費者センターや弁護士に相談した上で、式場と交渉してみるのも一つの方法だと思います。

参考までに、消費者契約法を紹介したページ(PDFです)のアドレスを貼っておきます。この件とは少し違いますが、3ページ目の左下に式場のキャンセル料についての説明があります。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/consumer_cont...

rig********さん

2019/3/1000:55:42

妥当かどうかは法律家しか分かりません。一刻も早く弁護士か消費者センターに連絡しましょう。

jik********さん

2019/3/1000:54:41

これは、中途半端にネットの素人意見で一喜一憂するより、然るべきところに相談すべきです。

あなたが延期したのはいつのことなんですかね。

あなたとしては、延期する際、一年後に結婚式をやる気だったのかもしれませんが、こういう契約では、「最初からキャンセルする気で日付を延ばした」と疑われますよね。
キャンセル料を払いたくないために延期をしたのであれば、それは不正になりますから。それを疑われるのは状況的にやむを得ないかと。

ただ、最初に決めた結婚式の日に対する、最初に延期を申し入れた日で計算するのがいいような気がしますが、それがいつなのか、細かい事情もわかりませんから、然るべきところに相談なさるのがいいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる