ここから本文です

小学校5年生の算数問題です。 この問題がわかりません。 ①がわからないので、②も...

han********さん

2019/3/1100:25:47

小学校5年生の算数問題です。
この問題がわかりません。
①がわからないので、②も③もわからず、、。
図を見て数えていけば、答えは出てくると思いますが、それでは、わからないままですよね。

等差数列ですか?
等差数列だとしても、公式の使い方がわかりません。
詳しく教えていただける方、よろしくお願いします。

補足「3」の問題の方で、質問しております。
よろしくお願いします。

等差数列,算数問題,使い方,倍数,小学校5年生,答え,あいだ

閲覧数:
39
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ga_********さん

2019/3/1100:57:56

画像には2つの問題が載っていますから、どちらなのかをきちんと示してほしいものですが。

文面からとりあえず2の問題であるとして
それぞれの数の差を考えるとすべて「7」になりますから、先頭が5で7ずつ増える数列であると考えられます。

そうなると、n番目の数は、
7×n-2
で表せますから、23番目の数は
7×23-2=159

180は
7×nー2=180
となるので、
7×n=182
n=26
となり26番目


40は6番目,180は26番目なので
40を一番先頭とみると,180は21番目の数になるので
(40+180)×21÷2=2310

たぶん。


ご指摘の通り等差数列です。
一番簡単に求められる方法としては、等差数列ならばその数列の差である数字の倍数が関係してくることになります。並んでいる数字はすべて、その倍数よりもいくつか大きいもしくは小さい数字が並ぶので、あいだの数字の倍数からいくつかをたしたりひいたりすれば、求める数列の式を求めることができます。

今回はあいだの数が7ですから、7×n 1番目は5だから、7×1-2=5となり、7の倍数から2をひけば、数列の数があらわせます。

このことから(1)(2)は解けるかと。

等差数列の和については
{(一番初めの項の数)+(一番後ろの項の数)}×項の数÷2
ですからそれをそのまま当てはめれば求められるかと。

  • 質問者

    han********さん

    2019/3/1106:49:16

    解答、ありがとうございます。
    問題が2つ載せてしまい、申し訳ありません。
    わからない方は「3」です。
    よければ、解答お願いします。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/14 08:36:16

回答、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる