ここから本文です

純文学と大衆文学の区分けを解りやすくご教授お願いしますm(_ _)m 出来れば文学の...

gur********さん

2019/3/1117:02:46

純文学と大衆文学の区分けを解りやすくご教授お願いしますm(_ _)m
出来れば文学の定義も、司馬遼太郎 山手樹一郎 江戸川乱歩…あたりの作品群は大衆文学でよろしいですか?

池波正太郎 葉室麟 津本陽…あたりの作品群も大衆文学でよろしいでしょうか?

SF作品は文学たり得ますか?

それとも刀剣の目利きと一緒である程度時代ごとに区別があるのでしょうか?

補足質問ついででもう何点か、娯楽小説や耽美小説…この辺りどんな認識になりましょうか?
岡本綺堂の半七捕物帳や沼正三の家畜人ヤプーなんかですね。
それと曲亭馬琴の南総里見八犬伝や椿説弓張月なんかの評価もお願いしますm(_ _)m

どう思われるか分かりませんが夢枕獏の神々の山嶺や新田次郎の孤高の人…もっとくだけて普通に現在ポピュラーな小説群なんかいかがでしょうか?

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ove********さん

2019/3/1119:46:06

ストーリーに重点を置いているのが大衆文学で
司馬遼太郎、江戸川乱歩、池波正太郎など、
大衆文学と言えると思います。
ストーリーより、文章の芸術性に重点を置いているのが純文学です。
大江健三郎とか、川端康成とか三島とかがそれに当たります。
村上春樹はストーリー性も強いですが、どちらかというと純文学の要素が強いです。
あと純文学は「私とは」みたいな、内面描写にスポットライトを当てた作品がおおいです。
SFは大衆文学に分けられることも多いですが、円城塔とか上田岳弘とか文章の強度があるひとは純文学に分けられます。

  • 質問者

    gur********さん

    2019/3/1121:30:08

    なるほど…内面重視が肝って事ですね?
    たしかにピンとくるものがあります。
    よろしければ先ほど追加した補足質問にもお応え願えれば幸いですm(_ _)m

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/16 13:21:08

ありがとうございました、ゆるふわな感じですがなんとなく理解できたので感謝です<(_ _*)>

「純文学とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる