ここから本文です

さすが、原発反対派です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

moo********さん

2019/3/1213:23:51

さすが、原発反対派です。

何と原発の代替は再エネで可能だそうです。

電力の発生させる電気は商品ですから、必要な時に必要な量、安定した波長で、送電できるって条件が、あります。
これだけの様々な条件を果たして再エネだけで満たせるのか?
考えたのですが、そんな都合良いものは、ありません。

、再エネで大丈夫だと言う原発反対派は、どんな資料や論拠を基に言ってるのか?
是非ともご教授お願いします。

補足相も変わらず、反対派は、ソースも貼らない、謎の説が論拠だなぁ。
福島の癌だらけのソースは?
蓄電は水力と揚水あるからハワイの半分で充分とか、太陽光と風力のピークが反対だから相殺されるとか、何を根拠に言ってるのか?

施設稼働率が2割の発電所なんて、殆ど火力発電で賄ってるのと同じなんだが、施設稼働率の意味が解らないのか?

甲状腺癌の潜伏期間が1年から3年なのに何で8年も経ってから問題になるんだ?
本当にカスばかりだなぁ

閲覧数:
264
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2019/3/1221:12:10

無知をさらすのはやめなさい。大人げないですよ。
再エネが普及することで『原発なし』が可能なことは既にどこの国も理解しています。科学的にも技術的にも可能性が確立しているのです。
日本でも30年あれば十分可能です。
それを知らないのはあなたと、もう一人の『原発LOVEさん』だけでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2019/3/1610:19:50

電力の発生させる電気は商品ですから、必要な時に必要な量、安定した波長で、送電できるって条件が、あります。

現状、再生可能エネルギーは上記条件を満たせる状況にないと思います。少しでもそこに近づけるように研究開発が行われている状況かと思います。

じゃあ原発はというと出力調整ができないので、必要な時に必要な量を出力することができません。また、事故ったら終了となってしまうので、安定性に欠ける部分があります。

なのでどっちもどっちですね。
そもそもデメリットがない方法があるならとっくに普及しています。それぞれメリット・デメリットがあるのですから、しっかり評価する必要があるかと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kka********さん

2019/3/1415:48:00

再エネって、太陽光、風力、水力でしょう。

水力だけは、結構可能性はあります。

ミャンマーは一つの川で原発40基分のダムを作れます。その他3つの河川は水量も多くて傾斜も急、中型ダムを次々と作れるし、合計したら100万kWクラス200基行きそうです

アメリカもそれ以上行けそうですがアメリカ人はダムが嫌いな声だけ大きい少数の暇な人が大勢いて、作ったダムでも壊すんですからね
環境破壊と景観の問題なんでしょうが、その場所を見てそう言っているのかわかりません

インドは有望な所が中国に近くて国境も曖昧、さらにバングラデシュを通過しないと行けないからやる気なし。そのくせ中国がヒマラヤの中国側でどんどん作ると面白くない。インドもバングラデシュも原発の方がずっと簡単と思っているから当分無理でしょう。

この地域にはインド洋から物凄い量の水力を運んでくるんです。だから洪水の死者だってミャンマーなんか20万人とスケールが違います。インドでは1500人が毎年洪水で死んでいるみたいですが、中国と近い地域は手を出さないのかも

コンゴもコンゴ川河口に原発40基分とアフリカ全土に電気を送れる発電所の計画がありましたけどポシャったみたいですね。
コンゴ全土では1000基くらい行きそうです。さらにコンゴ川支流のウバンギ川を少し工事をして、シャリ川と言うチャド湖に繋がる湖に流せば、チャド湖は世界最大の湖になりサハラ砂漠の気候も変える可能性もあります

2300年になればその様な事が実現されるかもしれません。しかし、人間と言う物は貨幣経済と言う物にどっぷりと使っていて、さらに所有権と言う権利を個人にも与えて、それを土地にも適用して相続を通して代々土地は誰かの物になっているのです。これがある限りは、こういう話は実現は出来ないのです

従って土地面積も狭くて済む原発のエネルギー密度が異常に高くわずかな土地で大電力を産む原発に頼らざるを得ないのは当分は続くでしょう

残る再エネは太陽光は昼間の4時間しか発電をしないんですから設備利用率12%と言う意味は、例えば電力需要の100%を賄うために発電能力を日本は1000テラワット必要だとしたら、1000テラワットの発電能力のある発電設備を作ったとしましょう。実は使えるのは250テラワットであって、残りの750テラワットは同じ時間帯に発電された余剰電力に成って、これを午後2時から翌日午前十時まで蓄電池を使って振り分けるしかありません

発電量の3倍ため込める蓄電池が必要になるのです。こんな蓄電池があるのだろうか?多分ないでしょう

さらに日によってはろくに発電しない日だってあります。前述の蓄電池は一日分しか持ちません、1週間分ため込める蓄電池があっても不安になります。一週間分ため込めるにはそもそも1日で7倍も発電する設備が必要になります

と言う事は昼間の4時間で7千テラワットの発電をする設備が必要なのです

これは年間の発電量の事ですが一日に直すと27億kWになるんです。
太陽光発電は10キロワットで100平米の面積が必要だということですから1キロワット10平米、すなわち270億平米が必要になります

日本の面積は37万平方キロメートルですがこの7.3%が必要になります。住宅地の屋根を利用するにしてもやや厳しいですが、出来ない事は無いかも知れません。

これを水素生産と組み合わせたら、水素の形で備蓄は難しいですが、バイオと組み合わせて流体燃料を作り続けて備蓄をし続ければそれを燃料として安定した電力は得られるかもしれません

しかしながら、毎日発電して貯めこむと言っても順調に発電していたら7日過ぎたら棄てる電気が出てきます。様子を見ながら発電をしない設備も出てきます。この負担額はどうするんですかね。そもそもため込む設備の展望もありません。値段もわかりません。

やろうと思えばできない事は無い。しかし日本の国土をそんなに使うこと自体がありえないでしょう。その金はどこから調達するのか少し考えたら、1日でもあっても太陽光発電で100%、賄えることなど物理的にも経済的にも無理です

太陽光発電を進めている人なら、土地の問題で日本で100%なんかとても無理だと数字をちゃんと弄ればわかるとはっきり言っていますよ。エネルギー密度が低いと言う事は致命的です。その他に超えられない技術問題などいくらでもあります

風力と組合わせても、同時に発電をして同時に発電が止まるだとかかえって無駄に発電する時間が増えますよ

つまりこういう事については何にも計算もせず、日本の国土の広さと太陽光パネルの大きさからどういうっことに成るのかが分からないのが再エネ100%信仰者です

結局僕が手助けして、出来ない事は無いと言っているみたいですが、お花畑の脳味噌であっては、わからないのでしょう。実際に無理だと言ってもラリっている時はわからないものです。

不倫している人妻と同じでしょう。さっきテレビで後藤真希の不倫騒動をやっていましたが、ラリから覚めた真希が謝罪コメントを自筆で言っていました。
再エネ100%信仰者はいつか目を覚ますでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mai********さん

2019/3/1408:38:21

福島原発に20メートルの津波が来たって言う原発が大好きな嘘つきmooちゃんが、またまた原発推進ね。

電力の2%の原発よね。

コアキャッチャーも無いから、やめるしかないけど、代わりは何でも良いでしょ。

地熱発電も最適ね。

これからもうすぐ南海トラフ巨大地震。

原発を早く停めて冷温停止しましょう。


でも、mooちゃんったら、チェルノブイリでも甲状腺ガン多発のピークが、かなり後からだったのに、それも知らないのね。

多発がもう始まったけど、増え続けてもう300人ぐらいだけど、まだまだ増え続けてるわよね。


不安定で高コストで子どもたちもガンだらけ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

sir********さん

2019/3/1313:48:51

知恵袋だけで下らん議論しても意味が無いと分からんのか?

事故が起きた事実は変えられない、それを解決する術も見付からないのも事実。

事故の原因を想定外としたのも事実、これから先の事故も想定外で済ませることも明白だろう。

電力会社は、政府と癒着し原発を推進して来たが、遂に福島の綻びから確実に安全神話は崩れ、方向転換を迫られているのも事実。

無意味に発電寿命を延ばしても、何時かは事故を起こすことは明白な事実がある。

一度事故が起きれば、多大な人命を犠牲にすることも事実。

また原発は、構造上、維持管理する上で確実に被曝する、その被爆は下請会社の社員が全てを担う。

その様な、発電方法はあってはならないのですよ。

現実を知ろうとせず、知恵が遅れてる方達には理解できないのでしょうけどね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yak********さん

2019/3/1313:23:54

反原発、脱炭素と騒げば、再エネ(水力、地熱、バイオ:太陽光、風力など)しか答えがなくなりますが、これまで指摘してきた通り、日本で、再エネ100%はあり得ません。

また、再エネと言っても、安定電源で比較的安価である水力以外の、地熱、バイオには小規模、高価格、適地などの課題があり、不安定電源の太陽光、風力は、火力の稼働率を下げ、CO2排出量を少しでも減らすことだけが目的の電源ですから、原発の代替になどならないのです。ですので、下の回答で分かるように、こういう質問をしても科学的根拠に基づく論理的理由などあるはずはないのです。

ただし、反原発派は、無知だけではなく、非論理的、感情的ですから、その時々で色々なことを言います。

yam***様や、小泉元首相も、再エネ100%が日本でも可能と言っていますが、さすがに今は、反対派でも、それを言わない人は多くなりました。そのため、脱炭素についての回答ができないのです。

火力は、LNG火力でもCO2を大量に排出しますが、石炭よりはCO2排出量が少ないことだけで脱炭素を主張し、原発、再エネより20~30倍のCO2を出すことには目を瞑るのです。

そして、化石燃料はほぼ100%が輸入であり、しかも戦略物質で価格変動が大きく、エネルギーの安全保障について課題があることにも触れません。

そもそも、反原発派は、日本が無資源国、エネ自給率6%、島国、山岳国、工業立国、狭い国土、人口約1億2千万人というような国情も、世界情勢も、国の存亡に直接係るというエネルギー問題の重要性も、長期的視点も、3Eの視点も、1次エネルギーの種類と特徴も、何も分かっていないのですから、質問するだけ無駄なのです。

そして、相変わらず下で「放射脳」が酷い回答をしていますので、正しておきます。

>原発を推進するなら福島原発を収束させてからにしろよ
⇒収束の意味が不明ですが、収束と推進は何の論理的関係がありません。日本が原発を推進してきた理由である無資源国、エネ自給率6%、島国という日本の国情と、3Eに優れているという特徴は、福島の事故(正しくは想定外の津波で壊れた)があっても変わらないのですから、原発を推進するのは当然のことです。

>大人も子どももガンだらけにして放置。安倍はソ連以下だよな。
⇒「放射脳」の典型的な症状で、何の科学的根拠もなく、個人妄想で何の意味も無いことを騒いでいるだけです。
>地熱発電を海外に造る日本だが、先ずは日本に必要だろ
⇒地熱発電に関して(と、いうより、全てに対して)、無知というだけのことです。
日本にも、地熱発電はあるのです。ただし、地熱発電には適地(調査機関、調査費用、送電線網、国立公園)の問題、規模の問題、保守・寿命の問題、高価という問題があり、地熱発電の開発は進まないのです。

>無知をさらすのはやめなさい。大人げないですよ。再エネが普及することで『原発なし』が可能なことは既にどこの国も理解しています。科学的にも技術的にも可能性が確立しているのです。
⇒無知を晒しているのも、大人げないのも、正に、この回答者です。再エネ(この場合は太陽光、風力を指しているのでしょう)が普及して原発0が可能なことなど、どの国も理解していません。不安定電源である太陽光、風力だけで代替できるなんていうことは科学的にも、技術的にも確立などしていないのです。ですので、ドイツは未だに原発を運転し続け、政権が変わって脱原発を訴えた韓国、台湾も国民に否定されたのです。

>日本でも30年あれば十分可能です。それを知らないのはあなたと、もう一人の『原発LOVEさん』だけでしょう。
⇒調べない、学ばない、考えない、理解できない「放射脳」の特徴で、何の根拠もなく個人の妄想で30年後と言っているだけなのです。「長期エネルギー需給見通し」も見たことも無いのでしょう。

>いや、原発だって出力調整出来てませんが?(笑) 原発のコストは上がる一方です。
再エネは下がります。
⇒無知ですね(朝日新聞同様、自然エネルギー財団の発表を鵜呑みにするのではなく、エネルギー問題の正しい情報を、調べ、学び、考え、理解すべきです)。原発比率が70%のフランスの例にあるように、原発は出力調整ができるのです。安価な電源なので、ベースロード電源として使用しているだけであり、これはドイツも同じです。再エネ価格が下がると言っても、発電コストが原発より安くなる訳ではないのです。そして、化石燃料も上がるのです。

>原発なんぞとちっぽけなもんではなく、全世界のエネを賄えることが世界の科学で立証されたからこそ、全世界で普及されており、国連や世界銀行が後押しをする。
⇒まったく科学的根拠もない個人の妄想です。全世界のエネが再エネで賄えるのであれば、そもそも、化石、核エネルギーなど存在していません。こういうことも分からないのが「放射脳」なのです。

>原発だけに固執し、再生可能エネを抑圧するのは世界中で、「日本だけ」だ。
⇒日本は無資源国、エネ自給率が6%ですから、「長期エネルギー需給見通し」で述べられているように、原発だけに固執しているということも、ドイツ、スペインで失敗したあのFIT制度まで導入して推進したように、再エネを抑圧したこともまったくなく、化石、核、再エネの3種類しかない1次エネの全てが重要なのです。こういうことも分からないのが「放射脳」なのです。

>設置費用の税控除が連邦30%に州20%強あるからそれを差し引いて考える必要はあるけど、それを考慮しても約12~13セント/kwh。火力より高いけど、これぐらいの価格差なら十分使える。
⇒ハワイの場合、ネットメータリング制度(余剰電力も買ってくれる制度)が廃止されたため、余剰電力(発電量の50%以上)は捨てられる(価格0円)ことになりました。このため、余剰電力を蓄電池に溜めることで、余剰電力を売れるようにしたのがこのシステムです。ですので、電力価格が8セントであっても、0円よりはまし、ということであって、太陽光+蓄電池の発電コストが8セントと考えるのは間違いなのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる