ここから本文です

今、ミヤネ屋で働き方改革の影響で早く帰宅するサラリーマンが「フラリーマン」と...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1215:43:37

今、ミヤネ屋で働き方改革の影響で早く帰宅するサラリーマンが「フラリーマン」となって寄り道をしてお金を使う機会が多くなり、貯蓄を切り崩して生活をせざるを得ず、

30~40代の人達が貯蓄が出来ていない人が多い、と言っていますが、バブル崩壊直後に経済学者か誰かがテレビで、「これから先は、貯蓄がある人が生き残り、ない人は困っていく。」みたいな事を言っていたのを覚えています。

バブル崩壊からこれまで、リーマンショックなどもありましたが、結局、経済政策やお金に関する子どもたちへの教育がなにも出来ずに30年過ごしてきてしまったからではないでしょうか?

閲覧数:
79
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nad********さん

2019/3/1221:21:56

全くお金の事を知らない奴が多すぎる。
親が教えたら良いけど親が知らないから仕方が無い。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/3/1223:13:14

    回答、ありがとうございます。

    30代、40代と言えば、バブル世代の子どもたちではないでしょうか?

    街頭インタビューを見ていると「貯金はないけど、子供が何とかしてくれると思う。」「貯金はないけど、何とかなると思う。」という意見が多く、カメラの前だからか、笑いながら答える人がほとんどでした(場所が飲み屋街だったから、酔っていたせいもあるかと思いましたが)。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ctm********さん

2019/3/1712:16:44

団塊ジュニア世代の事ですよね。貯蓄は親が持っていて子供は貯蓄は少ない。

がむしゃらにド根性精神で稼いだ団塊世代は財産を残し子に相続財産を請け負う、

両親の住んでいる家と子供が住んでいる家は郊外になつている。遊んでいる家に税金を納めていることになる。

若い時自分で使えるお金が少なく 景気が良くなったら良い所に就職しようとしたのが始まりですね。ミュージシャンが多かったりスポーツ選手が多かったり 景気が良くなるまで待ってみよう

サラリーマンの飲み会が多ければ 貯金は無くなりますよね。

結婚をするために貯金をしなさいという考えが日本にはありましたから 貯金がなければ結婚はできないという物が今でもあるんでしょうね。

これ以上資産を増やしすぎると、デフレになりますからね。有効期限付きのお金を作ることが良いと思いますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

g02********さん

2019/3/1707:40:21

テレビの話題なんて、どれだけの母数に対してどれだけの対象数なのか分からないいい加減なものです。少なくとも私の周りにはそんなフラリーマンとやらは居ません。

それはそれとして、政府はもっとマネーリテラシー教育を充実させた方が良いですね。日本人は未だに貯金神話が染み付いているので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる