ここから本文です

時効が成立した殺人犯が、例えば時効が成立した後に、私が実は犯人でした!と言っ...

yan********さん

2008/11/718:57:31

時効が成立した殺人犯が、例えば時効が成立した後に、私が実は犯人でした!と言ったとします。この人は世間から不評をかうだけで、その遺族から民事とかでも訴えられないのですか?

閲覧数:
481
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t_t********さん

2008/11/719:06:56

改正前の刑法だと、殺人罪の時効は15年、民法の不法行為は20年だから民法では損害賠償請求される余地があったにゃ。

でも、今は殺人罪25年、民法の不法行為は20年だから損害賠償請求の余地は無いにゃ・・・

と思われていたが、学校の用務員さんが女教師殺して自宅の庭に埋めてた事件、不法行為の20年間の除籍期間で損害賠償請求はダメと思われたが地裁レベルで時効中断が認められたなんておかしな判決もある(除籍期間は時効中断しないのに)

よって、相続人が半年以内に訴訟起こすと損害賠償が認められる余地がある(最高裁判決でないから覆る可能性あり)

参考条文
(相続財産に関する時効の停止)
民法第160条 相続財産に関しては、相続人が確定した時、管理人が選任された時又は破産手続開始の決定があった時から6箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nec********さん

2008/11/720:22:14

時効というのは正しくは公訴時効というのですが、タイムリミットで刑事事件として起訴できないという意味です。

ですから民事事件として訴えることは可能です。
ただし除斥期間というものがありまして、事件から20年経ってしまうと請求ができなくなってしまいます。

meg********さん

2008/11/719:13:05

民事裁判に時効はありません。
ありませんと言うかこのケースで行くと犯人は刑法上は時効成立ですから逮捕されませんが
遺族は犯人が解らないので訴訟を提起出来なかったことになりますから
犯人が判明した時点で訴訟を提起すればその日から被告になりますよ!
また 被疑者不詳で賠償請求訴訟をしてた場合は法定利息を含めた賠償額を支払う事となります。
民事に時効はありませんが提訴内容により申請更新しなければ民事裁判の失効にあたるので
失効=時効と見なされます。 更新され続けられていたら法廷に呼ばれる事は100%です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる