ここから本文です

阪神の藤浪晋太郎はイップスですか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/1310:07:13

阪神の藤浪晋太郎はイップスですか?

閲覧数:
518
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2019/3/1313:38:36

藤波の制球難の原因は、『イップス』です。

藤波のイップスを確信したのは、昨シーズンの広島カープ戦で、エース大瀬良投手に頭部すれすれの左肩にぶつけた、危険球と捉えられても仕方がない死球でした。そのあとの次打者菊池選手に投じようした初球は、投球モーションに入った途端に手からこぼれて、ボールが途中でポロッとマウンドに落ちたのです。
最早、藤波のイップスは誰の目にも明らかです。
首脳陣は、3月12日の対中日戦の状況を見て、やっと「無期限2軍調整」と言う名目のもとに、イップス治療を決断したのだと信じたいものです。
藤波本人がイップスを克服したいなら、イップスの原因は、これまで「精神的なことが原因」と言われてきましたが、本当は、度重なるフォーム改造の「過度な同一動作」が原因です。
では、なぜ藤波は過度な同一動作をしてしまうのでしょうか?それは、しっくりいかない動作、違和感から一刻も早く脱したいからです。野球への価値観が高い選手程、何とかしなければ・・と焦りが生まれてきます。その結果的、無駄な練習を過度にやり過ぎてしまうのです。
更に言うなら、早めに改善を図るうえで、「ああでもない、こうでもない」と修正をやり過ぎてしまうことです。良かれと思って取り組んだ練習が、かえって投球動作の自動化プログラムを崩してしまうということなのです。その事を充分に理解して、首脳陣間違っても2軍調整させたからと言って、藤波に登板機会を与えてはいけません。登板させれば、2軍と言えども対戦する球団からしてみれば「荒れ球」の不安はぬぐい切れない藤波に対して、死球をおそれるばかりに、死球対策の左打者を並べる可能性が高く、スリークオーターが右打者に通用するかどうか試す機会さえない状態となる事は明白です。
首脳陣は、そんな無駄なことに時間を使うのではなくて、一刻も早くイップス治療に専念させるべきでしょう。
藤波は、NPB指導の12球団オーナー・監督会議で登板禁止令が出されて、引退の花道が飾られなくなる前に、「無期限2軍調整中」をチャンスと思い、自ら進んでイップス治療を開始すべきです。

「藤浪晋太郎 イップス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tai********さん

2019/3/1420:40:04

イップスではないですね。

イップスと言いたいだけの子供達が騒いでいるだけですね。

hmd********さん

2019/3/1322:21:00

そうですね

kaw********さん

2019/3/1310:08:58

時としてその症状が出るのかもね、プレッシャーを自分でうまく良い方に転嫁できる時もあるのにね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる