ここから本文です

今小学4年で中学受験したいのですが、国語は、間違ったところは、すぐに答えを言わ...

spr********さん

2019/3/1417:53:35

今小学4年で中学受験したいのですが、国語は、間違ったところは、すぐに答えを言わないで、少し考えさせた方がいいのでしょうか?

閲覧数:
108
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sup********さん

2019/3/1422:42:41

考えて判る問題と判らない問題が有りますので・・

漢字の読みとか書き取りは、幾ら考えても判りませんので、すぐ教えるべきだと思いますよ

国語の読解問題は、小学4年だと、それほど考える必要も無いと想いますけどね
読解は、必ずしも「正解」にこだわる必要も無いと思います

私自身、中学入試に限らず、大学入試の模試でも、これは出題者がバカだろ・・という問題を結構な数見てますからね

まだ小4なんで、自由な発想の方が大事だと思います
受験テクニックで、こういう発想が求められる・・というのは塾で教えてくれます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gen********さん

2019/3/1811:50:16

中受の家庭教師で生計を立てている者です。

少しではなくきちんと考える習慣をつける事が必要です。

最近の似非プロ家庭教師や塾講師は考えさせずに暗記と反復のみで受験に勝たせようとしますが、これは指導者の手抜きであり、一見見た目の偏差値が上がり伸びた様に錯覚させるだけの手法です。

現実この手法が蔓延した事により、見た目の偏差値が一時的に上がっても現実的な地力はろくに伸びていない為、本番のまさかの不合格を誘発させ易い土壌になっております。

私自身かなりの追い込みの生徒も扱ってきておりますが、最終的に足りない偏差値を追い込める生徒はきちんと考える思考回路を作成する事に成功した生徒だけになっております。

追い込み期の生徒ですら重要な思考を4年生からさせず、目先の暗記だけでごまかすことを続けると高い確率で6年生辺りになってから致命的な失速を起こす様になります。(その手の生徒の修復はさんざんやってきております)

物事すべての事象は『原因』があって『結果』があります。
問題においては、答えを導き出す『理由』があって『正答』が導き出されます。

国語においても当たり前すぎる漢字などを考える事は基本的には無駄な時間になりますが、知識総量が増えていっているのであるならば語句の意味から部首や音を推量して正答に近づける事もあります。

子供に考える事の意義をきっちりと認識させてあげればきちんと考えるようになりますのでちゃんと思考させる様に手綱を取ってあげるべきだと思いますよ。

bla********さん

2019/3/1811:28:59

はい。
私の塾の国語の先生が考える時間が1番大事と言ってました。

jjj********さん

2019/3/1601:11:33

受験競争で勝ちたいなら
考えさせることなく
こたえを伝えて解説し
さっさとその問題は終わらせる方がいいです。

その復習の考える時間を読書やほかの問題にあてる方が
点数はのびます。

考えるのは人生においてはとても大事です。
しかし
受験競争で勝つには考える力は必要ありません。
瞬発力が大事です。

よくみなさん「考えさせて下さい。」といいますが
それでトップになれると思っているのでしょうか。
点数がぐんぐんあがると思っているのでしょうか。
トップになるには
この世にある問題により多く触れさせ
あらゆる知識もがんがんインプットしないといけません。
のんびり「なんだろうなぁ。。。こうかなぁ。。。」
なんて考えているヒマはありません。

ちょうどドラゴン堀江というのがここ半年
番組としてありましたが
まさにアレが受験の定番といえます。
まったく考えていません(笑)
考えていたら東大なんて入れません。

誤解のないように繰り返しますが
考えない方がいいのは
あくまで受験というレースで
先頭集団に入ることを目標にする場合です。
人生で大成するのは小さい頃からあーだこーだした人です。
受験のときにいつも名前がトップ付近にいて
同世代にその名を知られている人も
東大理Ⅲに入ったあとは二度とその名前が
世に出ることはまずありません。
まっすぐトップ層で東大にいれたいか
東大はいけずとも人生をタフにすごさせたいか
お子さんをどうしたいかでどちらにするか決めてください。

考えなければ受験では勝てる
考えさせたら希望の学校には入れないかもしれない
今の試験制度のままでは
このどちらかを選ぶ必要があります。

斎藤孝先生(もちろん東大出身)も
自分の考えを捨てたら国語の成績が高得点で安定した
といったことをいっていました
(ちなみにこのエピソードをネタとして
社会に出たら自分の考えが求められるので
受験勉強のなかで失った自分の考えをもつスキルを
どのようにしたら身につけられるのか
という本を書いています)。
国語は考えて解くのではなく
マシーンのように
作者と作問者の意図をくんで機械的に解く
のが点数アップの秘訣です。
Youtubeにセンター試験の国語を
本文を読まずに問題(選択肢)だけみて
解答するということをしている東大生の動画がありますが
なんと8割とれています(笑)
本文を一生懸命読んで必死に考えて問題にこたえている
多くの受験生より点数が上です。
まさにマシーンですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nag********さん

編集あり2019/3/1420:31:50

お母様と一緒に勉強をしているのですね?
正解は、何故そう考えたのかを説明させてから。
そして正解をみて、間違えがどのようにして起こったか、それを検証していかないと意味がないと思います。
ひょっとすると子供が説明している内に間違いに気づく。
そうなったら儲けものです(^。^)
国語に限りません。
所謂過程式同様に、思考の過程を検証すべきかと。

spe********さん

2019/3/1419:51:35

教科によらず、考えさせて下さい。
そうでないと、すぐ答えを見る癖がついて、なかなか身に付かないです。
しかも、なんとなく分かったままになってしまうので、点が伸びません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる