ここから本文です

高度経済成長期の国に行って、勢いみたいなものを肌で感じたいのですが、どこがい...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1505:42:19

高度経済成長期の国に行って、勢いみたいなものを肌で感じたいのですが、どこがいいですか?

シンガポール香港マレーシアドイツなんかITが発展してそうですね。

金はないです。

その前に情報集めろって話ですが、新聞ニュース以外で世界の情勢に詳しくなるようなサイト書籍などあれば知りたいです。

お願いします。

閲覧数:
64
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ner********さん

2019/3/1506:34:57

シンガポール香港マレーシアドイツが今後爆発成長する事などあり得ません。何周も前の戯れ言に惑わされではいけません。もっと真面目に真剣に未来を見つめ学ぶべきです。

間もなく人口で中国を抜き、その後GDPでも世界一になるのは確実なインドが最も現実的かつ合理的です。
インドは既に世界最高レベルのSE量産国であり、黎明期のシリコンバレーを支えました。今も世界の人材供給拠点なのです。

今後更なる高度成長が期待される超大国がインドなのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2019/3/1708:30:15

深せんという先の回答者の方に賛成です

今も急ピッチで高層ビルが作られています


国貿駅から北を望んだり、会展中心駅から四方を見まわしたり、市民中心駅で市民センターの建物をみたら、整備された広い道路から林立する高層ビルがよく見えて圧巻です

また市内のあちこちで高層ビルの工事中をみました


香港のビルは5.60階のマンションが林立していても、古い時代のものは外装むき出しのコンクリートが汚れて、清潔な感じはしませんので、それに比べて外壁がオールクリスタルな深せんの建物はいかにも最先端って感じになります

hkt********さん

2019/3/1511:02:19

シンガポール、香港、ドイツは日本よりは伸びてますが、どれも高度経済成長期終了で、所得に関しても日本より高い成熟している国・地域です。
マレーシアに関しては、GDP成長率5%前後ですが基盤となる産業がないんです。

各国・地域の高度成長期は以下の通りです:

ドイツ:戦後~1970年代(先進国);近年の年平均成長率は2%程度
シンガポール+香港:1970年代~1990年代半ば、2000年代初頭(先進国);近年の年平均成長率は3%程度
マレーシア:1970年代~1990年代半ば、2000年代初頭(準先進国)

「程よい勢いで伸びているし、成熟しつつある」地域だと、中国の沿岸部都市ですね。最近話題となっているのは、香港の隣にある深セン(IT製造拠点)で、中国最大級のIT企業(テンセントなど)が本社を置く拠点都市です。

参考ですが、「国の発展具合」を表す1人当たりGDPでは:

シンガポール:61,200ドル
ドイツ:48,700ドル
香港:48,200ドル
日本:40,100ドル
深セン(中国):29,400ドル
マレーシア:10,700ドル
中国全体:9,600ドル

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hif********さん

2019/3/1510:03:08

中国、深センをお勧めします。中国で最も活気のある都市です。
生情報は中国語のサイトがお勧めです。
http://www.sznews.com/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる