ここから本文です

マシニング ベースのフライス加工 Z原点 左下を0で基準にしたとき、4隅での歪み...

wea********さん

2019/3/1512:43:51

マシニング ベースのフライス加工 Z原点

左下を0で基準にしたとき、4隅での歪みが画像のような場合対角線上でレベル出しをした後Zの原点はどのように考えればいいですか?

斜線部(削ると

ころ)を30mmに仕上げるのか、全長で見て130mmで仕上げるのかどちらを優先にしますか?

どちらの場合でも物の歪み分誤差が出ると思うのですが、Zの原点や削る量はどう考えればいいですか?

マシニング ベース,原点,フライス加工,対角線上,斜線部,100mm,下面

閲覧数:
27
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hik********さん

編集あり2019/3/1705:26:51

絵で見る限りは100 mm の下面が基準になっているようです 構造的に30 mm のボスが溶接されているようですので 溶接の下面から高さの差が出ているのだと思います 図面の確認は必要ですが 100 mm の下が基準なら下面から130で削ればオッケーだと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

sin********さん

2019/3/1514:53:32

絵の解釈はアヤがあり、図面も同じなら、
設計者に聞きましょう。
底面に歪みがある筈で、そのままで良いか、
100上がりの面はどうか、
130の平面は小さく一番簡単に出せるが、
底面が歪んだまま固定し加工すると外した
時に130平面に歪みが出るが構わないか、
ダメなら固定法を工夫して加工すべきかを

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる