ここから本文です

ピョートル1世があごひげに課税した理由を教えてください

アバター

ID非公開さん

2019/3/1606:56:20

ピョートル1世があごひげに課税した理由を教えてください

閲覧数:
24
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dom********さん

2019/3/1611:48:03

ピョートル1世は西欧、特にフランスに憧れており彼の国を真似て改革を行おうとしていました。
フランスの貴族の間では体毛が薄い人が持て囃されている一方、ロシアでは男の象徴として髭は重視されていました。
そこでピョートルは髭に課税することで、ロシアの遅れた(と彼が見做した)風習を辞め先進的なフランスに近づこうとしたのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cim********さん

2019/3/1609:52:09

当時のロシアは納税させる産業や作物もなく、国家予算を増やして軍隊の強化をして、西洋の大国と肩を並べたいから、仕方なく人間を税金の対象にしたのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる