ここから本文です

古典文法についてです。

ajj********さん

2019/3/1701:34:08

古典文法についてです。


雪降れり・雪降りたり

雪降りぬ

❶の各々は既に雪が降って、積もっているイメージがあるとどこかで聞きました。
では、❷の場合はどのような状況を表しているのでしょうか。

また、宜しければ、
❸雪降りにたり
の状況もご教授していただけると大変有難いです。

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hon********さん

2019/3/2401:27:37

❷の『ぬ』は完了なので、
意味合いとしては『雪が降った』と景色を全体的に捉えたような表現となります。自然に雪が降り終えた感じです。

❸は、文脈から判断するのが1番ですが、、、
完了の『に』と完了・存続の『たり』なので、意味としては『雪が振ってしまっている』という結果が残っている、つまり質問者さんの言うとおり雪が積もっている状態を表すものだと思います。

数年前の受験の知識なので曖昧ですが、お力になれれば幸いです。。。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる