ここから本文です

現在30歳の女性です。

アバター

ID非公開さん

2019/3/1808:20:01

現在30歳の女性です。

手元に自由に出来るお金が約250〜300万あります。

メットライフ生命の外貨建ての終身保険、ドルスマートを考えています。250〜300万しかないので、終身払は大変なので、月2万前後の設定にして10年払込完了型にすれば為替にもよりますが240万前後の支払いです。

解約時期は未定で、数十年温めて老後資金と考えています。解約は70歳以降だと思います。
最低保証が年利3%なのが魅力的だと思いました。後は解約時の為替にさえ気をつければ少なくとも元われしないだろうと思って。

でも保険屋の商品なので手数料が高いので、知り合いには保険じゃなくて自分で株なり証券なり買って運用したほうが良いと言われました。
でも自分出チェックしたり見定める自信がありません。手数料払ってでも3%保証されてるほうが確実なのかな?と(為替とか手数料は置いといてあくまで年利)

でもそれとは別に去年積立NISAを始めました
インデックスファンドで
ニッセイTOPIX
楽天全米株式
eMAXIS Slim全世界株式除く日本

それぞれ毎日買い付け100円ずつです。営業日的に合計投資は月6000円くらいです。
250〜300万関係なく、月の自分のお小遣いでやってます。こちらはダメでも良いや〜くらいの感覚です。
でもドルスマートに入らず、こちらの金額を6千円から2万くらいに上げたほうが良いですか?
積立NISAなので非課税は20年だけなので20年前には解約しようと思ってました。

閲覧数:
175
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miu********さん

2019/3/1910:23:24

保険で資産運用を奨める 金融専門家は皆無です。手数料をがっぽり取られて 非効率だからです。3%保証も あくまでも外貨ででして、為替によっては 元本割れもありえます。今の日米の金利差だと、将来は円高の可能性の方が 高いです。

高金利=高インフレ傾向です、長期的には 為替は下落します。それに3%は 実際の利回りですか? 説明書に書いてある利回りは、実際のと違うので 金融庁は併記を 強く指導してます。

金融庁が生保に怒りの鉄槌!節税・外貨建て保険に「是正指導」
https://diamond.jp/articles/-/187411?page=2

為替は 何十年も戻らない場合があります。「円安になるまで 待てます」なんて 言われるかも知れませんが、あなたが生きているうちに戻らない場合だって ありえます。

老後の為には イデコ(確定拠出年金)が最強の制度です。全額所得控除で、NISA同様 運用期間中に利益に課税されない、もらうときも 退職金控除と公的年金控除が併用でき ほとんど課税されないか 税率を低く抑える事が可能です。3度美味しい制度です。私は イデコを優先される事を お奨めします(60歳までは 絶対に使えない資金になりますが)。

お選びになったインデックス・ファンドを 増額されるのも お奨めです。銘柄選択は それで いいと思います。

また つみたてNISAは 20年間ほおっておいても、20年後年末の終値で 自動的につみたてNISA以外の口座(通常 特定口座源泉徴収あり)に 強制移管されます。その時には 利益には勿論課税されません。その前に 売る必要は 必ずしもありません。

なので もう上がらないと判断したら、そこで 解約してもいいですが、私なら20年間持ちます。一般論ですが、運用期間は 長ければ長いほど有利です。

投資判断は 自己責任で お願いします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2019/3/1908:58:42

為替差損は甘く見ると痛い思いをすると考えます。外貨建ての商品は危険性があります。

安全な投資先としては、購入価格100万円の年利0.4~0.7%の一般社債がおすすめです。

2~3年以内の状況も踏まえて、分配金利回り数%の東証に上場のREITの中から複数選ぶのもありです。1口10万円前後で買える銘柄が複数あります。

再生可能エネルギーや太陽光発電システムに資金を投入し、家賃や売電で収益を得るインフラファンド9281~9286も分配金利回り6%前後の銘柄がゴロゴロしています。

最後にリスクがありますが、配当利回りの良い株式も選択肢の一つです。3月末決算企業なら、証券会社に口座があれば、3月25日までに1単元以上保有すると配当金がもらえるものもあります。一例を挙げるとKDDIは100株で3月末株主にカタログギフト(約3,000円相当)の優待を出しております。

nag********さん

2019/3/1813:56:47

今、手元にあるんですよね?

ならば、一時払いが有効かと思います。

メットライフなら…
・ビーウィズユー
・サニーガーデン

ドルスマートも良いですが、
運用のニーズで10年も貯金で眠らせておくのはもったいないです。

ビーウィズは一時払い以上に保障があるタイプ
ドル 利率4.4%30年固定

サニーは毎年支払受けるタイプと複利で増やすタイプがあります。
ドル 利率2.76% 定期支払
ドル 利率2.81% 積立増加
しばらく使わないなら?
複利で増やすタイプが良いのかも。

上記は、タイプが違うので利率のみでの判断しないで、設計書を見て判断して下さい。

と言うか…この辺も
きっと十分な説明を受けてませんよね?
※推測ですが。
ドルスマの『終身払い』などのワードは出てこないハズだと思いました。

ドルスマ最低3%も…
実際には2%くらいでしょう。

メットライフの一時払いを得意にしているコンサルタントから話をきいて下さい!

また、
株や投資信託も良いですが
統計では株価が3倍になった今でも50%は負けてます。

男性で公務員で…、などの場合でしたら…
イデコもありでしょうけど、教育費とか住宅とかまだこれからですよね?

ライフプランも含めて継続支払のものは注意しながら検討して下さい。

個人的にはニーサに魅力は感じません。
販売が進んでないのもそのせいでしょう。
と、思ってますが。。。

お役に立てば幸いです。

mir********さん

2019/3/1809:32:14

株取引では、ほとんどの人は損をしているらしいです。
一時的に儲かっても長い目で見ると素人が手を出すものではないと思いますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる