ここから本文です

ジベレリン処理をして種なしブドウを作って加工する場合と、種ありブドウを作って...

mom********さん

2019/3/1819:23:12

ジベレリン処理をして種なしブドウを作って加工する場合と、種ありブドウを作って種を取り除いて加工する場合とでは、どちらの方が大変ですか?

閲覧数:
58
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

see********さん

2019/3/1822:41:27

果房(花房)に処理をする無核化に対して果粒ごとに処理をしなければならない種抜き、ということでしょう。

梅・桃などと異なり、果実(果粒)中に複数以上の種子が存在するブドウの種抜きはかなり大変そうですね。


ヒムロッド・シードレスという品種ならジベ処理なしに種無しですので、そうしたものを導入されるという手段もありかと思います。
(国内で生産される無処理で種無しの品種の多くは果粒肥大化のためにジベ処理されることが多いですが、ヒムロッドはジベ処理しなくてもデラウェアより大きめの果粒となります←肥大化のためのジベ処理では相対的に薄くなった果皮ごと食しても苦になりません)

質問した人からのコメント

2019/3/19 21:14:37

説明ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jzj********さん

2019/3/1820:29:08

タネ有りブドウのタネを取り除くって、地味に大変だよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる