ここから本文です

そばかすのレーザー治療などやったことある方、感想教えてください

yel********さん

2019/3/1905:10:31

そばかすのレーザー治療などやったことある方、感想教えてください

閲覧数:
120
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

2019/3/2118:09:03

そばかすとは
⚫︎雀卵斑(じゃくらんはん、Ephelides)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。文字通りスズメの卵(卵殻)の模様に色や形が似ていることから名付けられた。
一般的にはそばかすと言う。

⚫︎症状
主に顔の目の下にみられる。直径3~5mmの細かい茶色の色素斑が散在。手背・肩にもできることがある。


⚫︎シミ・そばかすの消し方、その2 ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCを摂取する
⚫︎ビタミン類をしっかり摂る!

体内に取り入れられると活性酸素を除去するβカロチンに変わるビタミンA、細胞の新陳代謝を促してくれるビタミンE、メラニンの定着を防ぐビタミンCなどを中心にビタミンを積極的に摂りましょう。

おすすめは、緑黄色野菜!

⚫︎そばかすの原因

シミとそばかすの違いはずばりこの3つ

一見似ているシミとそばかす。何が違うのでしょうか。そばかすは別名雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

(1)シミはメラニン色素が増えて加齢と共に目立ってきますが、そばかすは遺伝性のものが多く小さい子供にもよく見られます。

(2)シミはほほや額、眼の周りなどに左右対称に出来ますが、そばかすは目の周りや頬に出来やすく腕や肩や背中などにも見られます。

(3)そばかすはシミに比べると小さく色白の人によく見られるのもシミと違うところです。

◉ つまりシミは紫外線や加齢など後天的な要因が多いものですが、そばかすは遺伝などの先天的な要因が多いと言うわけです。そばかすはシミとは逆で大人になれば薄くなって目立たなくなる場合がほとんどです。

シミ・そばかすの消し方、その1 日差しから肌を守ろう!
紫外線対策はそばかす対策でも必須!

そばかすは紫外線を浴びると濃くなる場合があります。普段からきちんと日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日陰に入るなどしっかり紫外線から守ってあげましょう。

これが一番大切です!との事です。

ニベア

そばかすとは...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる