ここから本文です

柴又帝釈天 紙垂の付いた注連縄が掛かっていました。あれは神道特有のものと思って...

air********さん

2019/3/1916:01:11

柴又帝釈天 紙垂の付いた注連縄が掛かっていました。あれは神道特有のものと思ってたのですが寺院でも使うようですね。なぜでしょうか?

閲覧数:
24
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oto********さん

2019/3/1919:10:34

昔は神仏混合で、なんでもアリでした。
帝釈天もその関係もあるでしょう。

なお、寺のしめ縄は、禅系や密教系や奈良仏教でもみられます。
また浄土宗や時宗でもみかけます。

注連縄と無縁なのは、浄土真宗くらいかもしれません。

昔は神仏混合で、なんでもアリでした。
帝釈天もその関係もあるでしょう。...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2019/3/1917:16:40

柴又帝釈天に安置されてる観音菩薩像が元々は神社に有った仏像だったりと仏教と神道を明確に分けるのは不可能なわけで。

sp7********さん

2019/3/1916:46:13

帝釈天はもともと中東起源の異教の神なので、日本神道とも、外来の仏教とも直接関係はありません。
だからどこに使われてもおかしくないのです。
神仏混淆の進んだ本地垂迹説の跋扈する我が国ならなおのこと。

mar********さん

2019/3/1916:09:04

日本では神道と仏教は長い間習合されていましたので別に不思議なことではありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる