ここから本文です

モノサスについてです。 初歩的な質問かもしれないですがツインサスは取り付け部...

sar********さん

2019/3/2003:39:40

モノサスについてです。
初歩的な質問かもしれないですがツインサスは取り付け部の形状やボルトサイズが同じならば汎用の色んな長さの商品があるのに対してモノサスは車種専用で売られてますよ

ね?取り付け部の形状とボルトサイズが同じなら付くと思うのですが何故汎用品が売られていないのでしょうか??

閲覧数:
49
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2019/3/2021:46:33

2本サスでも車種専用のほうがいいに決まってますが、使用する車種がトラディショナルなネイキッドにほぼ限定され、同等の車格であれば適切なバネレートなども似通ったものになるため、汎用品でもある程度カバーできる余地があります。
しかしながらリンク式モノサスの場合、ストロークによって変化するリンク比によってプログレッシブな特性を得ており、形式としては同じでも、そのさじ加減はメーカーの設計思想や車種によって大きな違いがあります。
当然、根本的な部分でサスの動きを支配するバネレートにもかなりの幅があり、2本サスのような法則性もありません。
したがって、サスユニットを開発する側としては否応なく個別の車種に合わせて作り込む必要があるわけで、そうでない場合、ユーザーから柔らかすぎるor硬すぎるというクレームが続出することになるでしょう。

  • 質問者

    sar********さん

    2019/3/2522:27:51

    回答ありがとうございます。
    汎用品でもある程度カバーできる余地がある。

    なるほど逆に2本だから汎用品を出せるんですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ken********さん

2019/3/2013:28:09

理由はいくつかあります。

まず、モノサスが出た当時は特に、バリアブルレートといって、ホイールの動き量とサスの沈み量を二次曲線的に変化させることを目的にしてたんです。
最初はホイールが動く量に対してサスはあまり沈み込まず、細かな動きをソフトに吸収、みたいな感じ。ぐっと沈むとサスを長く沈ませて、大きなショックには長い動きでしっかり受け止める、と。
今はサスユニット自体にそういう効果を持たせてきてるので、バリアブルは少なくなってきて、かなり直線比例的動きです。
このバリアブルの変化の度合いが各車種独自のものなので、流用や汎用が難しかった、ということです。

また、取り付け場所は車体の奥まった場所なのでスペース的な制約が大きく、各車種それぞれの事情に合わせた大きさや取り付けにならざるを得ない、というのもあります。

二つ目から特に、まだまだ汎用は少ないですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bik********さん

2019/3/2006:43:28

>何故汎用品が売られていないのでしょうか??

リンクが交換できるからです。
また、スプリング単体でも交換可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2019/3/2006:29:52

汎用品もありますよ。
他車種流用とかもよくやります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる