ここから本文です

木造在来工法で使われる金物についての質問です。 ホールダウン金物は引き寄せ...

kij********さん

2019/3/2419:16:49

木造在来工法で使われる金物についての質問です。

ホールダウン金物は引き寄せ金物だと思うのですが、
引き寄せ金物とそうでない金物の違いが良く分かりません。

N値計算で告示1460号の記号(へ)、N値が1.8以下であるならば
引き寄せ金物であるホールダウンを使用するということかと思うのですが、規定の必要耐力は10Knであるので、そこに例えばタナカのオメガコーナー15kn用を使用して耐力的に満足しているからOKとなるのでしょうか?
オメガコーナーには引き寄せ能力はないとの注意書きからダメなのだろうとも思うのですが、そうするとN値計算の告示の表を見る限り告示記号の(い)~(ほ)で求められる耐力よりオメガコーナー15kn用はオーバースペックになると思うのですが、どこに使うものなのでしょうか?

閲覧数:
125
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k4n********さん

2019/3/2700:50:43

オメガコーナーなどのコーナー金物も引き寄せ金物(柱頭柱脚金物)です。が、1階の柱脚に用いるときは注意が必要です。10kNを越える引き抜き力に対する金物はホールダウン金物とすることが望ましい理由は、コーナー金物(横架材・柱付け金物)では土台が曲げ破壊する可能性があるという事で、基礎緊結タイプの金物が良い とされています。15kN以上のコーナー金物は1階の柱脚以外の箇所に取り付けるといいと思います。
因みに、金物は、構造検討上 必要耐力以上の物を取り付ける分には問題ありません が、金物は正しく取り付けなければ意味がなくなるので、メーカーが規定する設置ルールに基づいて用いるようにしてください。

質問した人からのコメント

2019/3/30 21:12:22

どうもありがとうございます。
勉強になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる