ID非公開

2019/3/25 14:30

77回答

キャンプにおける焚き火についての質問です。

キャンプにおける焚き火についての質問です。 BBQアルミホイルと焚き火台を使用しての焚き火予定です。 その際にバトニングした薪使用を予定しているのですが、上手くフェザースティックが作れるならほかの着火剤等は要らないでしょうか。もしもの時のために新聞紙や着火剤を持っていきますか? そしてバトニングをする際になるべく安価でオススメのナイフ、また手袋を教えていただきたいです。 Amazonで購入できるものでお願いします。

補足

いちおうモーラナイフのステンレスタイプが気になってはいるのですが……他におすすめがあれば教えて欲しいです。 ステンレスとカーボンスチールとでも迷ってます……。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

私は焚火大好きなんですが…アルミホイル?ですか?参考までに…アルミの熔解温度は600度ちょいなので熾火が出来た焚火の中にビールの空き缶突っ込んだら一瞬で溶けちゃうレベルだったりしますよ?(溶かし小さくして持ち帰ったりしてます)炭でも風が吹いて火力上がったら溶けちゃいます。アルミは熱伝導が良いので中に水分が入ってればアルミの飯盒で炊爨しても穴が開きませんが、赤々とした熾火に直乗せ空焚きしたら穴が開いてしまいます。 火熾しは、火口になる油を多く含んだ樹皮や紙などを使い、落ちてる針葉樹の乾いた細い枝から順に広葉樹の太い枝へと火を大きくして熾火が出来れば、炭でも太めの薪でもガンガン燃えるので無理にフェザースティックを作らないでも良いと思いますが、雰囲気を味わいたいのならそれもまた遊びなので良いと思いますよ?(火熾しは化学ですので、酸素やドラフトの事も考えてあげてくださいね~) そしてオススメの安値でそこそこ使えるナイフはやはりモーラだと思いますが、フルタングではないので激しい使い方には耐えられないからバトニングはほどほどに!また、ステンレスは刃厚がなく研ぎにくいので切れ味も含めモーラのカーボンスチール(炭素鋼)は、なかなか素晴らしい硬度なのでそちらがおすすめです!あと、刃厚が無いと薪割れないし弱いですよ?また刃幅も欲しいのでモーラは多数所有してますが、バドニング含めブッシュクラフトや調理などにも使いやすいオススメのモーラは以下になります。 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95-Morakniv-12249-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95-ROBUST/dp/B00TN4XPI8 砂や小石を叩いたリ刃を当てたりしなければそうそうチップ(欠ける)しないので管理にお金をかけたくなければ、研ぐのも耐水ペーパーを板に張って研いでもいいし、私も出先では100均の爪ヤスリで刃をたててたりします。 モーラおすすめナイフの写真張っておきますね?

画像

あと、ナイフの鋼材というのは、炭素鋼にしてもステンレスにしても物凄い数が存在し、焼き入れ具合でも金属の性質が大きく変わります、錆びずに硬度もあるステンレスやセミステンレスの鋼材のナイフもありますが、ものすごく高価になってしまいますし初心者では研ぐにしても砥石に何万もかけることになりますので、モーラの炭素鋼は研ぎの練習にも良いですしその価格から物凄く良い刃物だったりしますよぉ~? 実際、良く乾燥された硬い広葉樹を割るのはなかなか大変ですが、薪割りをよく理解すればさほど難しいことも無く、薪は切るのではなく割るので刃厚と刃幅が重要になってきます、もっとも紹介したナイフはキャンプ場で売ってる薪なら問題なく小割に出来るモノです、ただこのナイフの鋼材は粘りが無いので刃持ちが悪く薪割り後フェザーするにしても調理するにしても切れ味はすぐ落ちますそうはいっても硬度は高いのでその辺のナイフよりずっと切れます

その他の回答(6件)

0

今までの方との会話を見させていただくと まずは基本的な事をいろいろやってみる必要ありですね 薪一つとっても キャンプ場で売ってるものと その辺の木を割ったものとでは違いますし 物も やり方も 楽しみ方も なんだか ベストワンを求めてさまよっていらっしゃる感じを受けました モーラで十分 着火剤これも それぞれ一長一短ありますが 念のため最小サイズで 燃焼時間が長く 水に強いもの(パラフィン系)を少量持っていたら良いでしょう フラムゴや ファイヤーサイド社、ロゴス社 から 出てます 私もコロンビアナイフ 安価なので持ってますが バトニングや 出刃包丁代わりに使用していますが フェザー作るならモーラで十分すぎると思いますよ (フェザー作りが楽しむのであれば必要ですが そうでないならば バトニング重視で 手斧やナタの方が良いでしょう) 手袋は 利用目的で違うので・・・・ 軍手じゃ物足りないかもね 安価で使える、買い替えに躊躇しにくいものだと アマゾンで 耐熱グローブで検索すると 600円くらいで出てきますよ

ID非公開

質問者

2019/3/30 22:39

ご回答ありがとうございます。 そうですねー、とりあえずやってみないとというきはしています。行く予定のキャンプ場がシーズンオフ期間でまだ空いていないので、調べることしか出来なくてウズウズしているんですが……笑 パラフィン系というと、パキッと割るタイプのものでしょうか。ありがとうございます。 なるほどなるほど……今のところバトニングをするのをメインにコロンビアナイフを買って、着火剤をもっていき、フェザー作りを雰囲気だけ楽しむのが無難なきがしています。 斧は重くなることとかさばりますし、鉈は個人的に使うのが怖いのでナイフが良いかな〜といった感じです。 耐熱グローブ調べてみます!ありがとうございます。

0

フェザースティック作っても薪事態が湿ってると着火しにくいことがあるので、着火材やポケットティッシュが有ると安心です。 Amazonで買える安価なナイフでオススメは「コロンビアナイフ」です。デザイン重視なので気に入る1本が見つかると思います。たまにバトニングで折れるハズレ商品も有りますが、モーラナイフもハズレ商品は根本からポッキリへし折れますから。折れるのが嫌ならホームセンターで鉈を買った方が良いです。 手袋は軍手で充分。

ID非公開

質問者

2019/3/30 15:14

ご回答ありがとうございます。 なるほど、湿っているとフェザースティックでも着火しづらいのですね……! コロンビアナイフ、調べてみました。とても種類がありますね……笑 ステンレスの中で1番硬度が高い材質を使っていて、刃厚があり、フルタングで……2000円前後と、コスパがとても良いようです!ただ大きいのがフェザーを作る時や初心者に難点のようですね……! 参考になります。ありがとうございます!

0

バトンをするのであれば、フルタングが理想的ですが、モーラでも大丈夫ですよ、 ただ刃厚のあるヘビーデューティーが良いですね、ステンレスが錆びに強くてオススメです、斬れ味もまずまずです、フェザースティックも問題ありません、ただ激しいバトンは あまりオススメ出来ません、かなり丈夫には出来ていますが、折れる可能性はありますので、 薪を現地調達で考えてらっしゃるなら ノコギリが必要だと思います、 着火剤は持っていた方が安心だとは思いますが、無くても大丈夫です、その方のスキルによりますね、もしも着火剤を用意するとしたら 私なら 荷造り用の麻紐を数メートル持参します、ほぐしたり 少しほぐして使用したりとかなり重宝します、非常に軽量ですし、 手袋は コンビニや作業服店などにもある 軍手の手のひらから指先までゴムがしっかりコーティングされた物で充分使えます、出来るだけ乾きやすい化繊の薄い物の方が 良いと思います、革の物はフィット感があまり良く無く、 濡れるとなかなか乾かず厄介です、 カーボンとステンレスですが、カーボンは研ぎやすくて良いのですが、とにかく錆びます、濡れたまま10分放置しただけで錆びます、 皆ステンレスよりカーボンが良く切れると言いますが ほとんど錯覚だと思います、 もちろん良い鋼に優れた熱処理をすると 斬れ味抜群の刃物になりますが、モーラのこの辺りのカーボンスチールはそこまでの硬度はありません、 スペシャルモデルは別ですが、 ただステンレスは研ぎにある程度のスキルは必要になってきます、 日本の気候では 乾燥した良い薪を現地調達することが 結構難しく、倒木なども やはり乾燥したものは極稀です、幹の先端を折って 乾いた音がしたとしても 太い部分はある程度湿度が高く かなり細い爪楊枝ぐらいの薪から割り箸ぐらいの薪にと 小さい火からゆっくり大きく育てないとって感じですね、 モーラは基本的にマイクロべべルがありません、なので箱出しで良く切れるのですが それ故に 直ぐに切れなくなります、刃先が薄過ぎて乱れてしまいます、なので本当は買ったら 直ぐにマイクロべべルを自分で施した方が ずっと長切れします、バトンの後のフェザーなどは 箱出しの状態では少しキツイかなと思いますよ。

キャンプ場で売っている薪に着火剤だけで火をつけるなら 結構な量の着火剤が必要ですよ、売ってる薪はしっかり乾燥していますので バトンで細い物を少し作るだけで 着火剤は必要無いです、 フェザースティックなら完璧だと思いますよ。

0

荷物を減らしたいなら、ナイフで木を削るより、着火剤持ってったほうが良いと思います たき火なんて着火剤かバーナーがあれば簡単に火が付きますよ みんなはそうやっています そうじゃなくて、あえて着火剤を使わずに火おこしを楽しみたい あえて不便を楽しむ、工夫したいっていうなら、人に聞くのはどうかとおもいますがね ナイフで木を削らなくたって、落ち葉や小枝、割りばしだって焚き付けに使えます 私から見ると単に形から入っているだけの勘違い野郎としか見えません

ID非公開

質問者

2019/3/27 11:49

ご回答ありがとうございます。 元々荷物を減らしたいこと、そして環境的な問題から落ち葉などを集めることが出来ない(削らないなら別に持っていく必要がある)ため、薪割りにも火口を作ることにも使えるナイフを第1候補として考えていました。 着火剤を別に持っていき、削らないっていうのは鉈などを持っていくということですか?それともバトニング用にナイフを持っていくということでしょうか……。

0

まあ多分あの人なんだろなぁ… ブッシュクラフトはサーミ人の裏技をベースにアメリカで発達させた活動でフェザースティックは雨天でも燃えるようにという技ですね まぁバトニングもフェザースティックも無理にやる事でもなく、日本でやるなら竹を使う技もあるし白樺だとか云々かんぬんは置いといて まずそんなこと聞かないで自分でやりなさいって 俺そんなん誰かに聞かないと出来ないとか恥ずかしくて逆に出来なかったわ なぜAmazonに固執する 学 生 か aos*********だかなんだか知らんけどネットだけの知識って一番ヤバい奴だからマジやめてくださいよ 煽り100%の回答者いるけど体格に合わせるってそれなりに正論だし、ネットだけの連中はヤバいって的確な指摘だし見方変えるとコレ逆に親切心なんじゃないのかぁ? 変に閉鎖的なコトするのはけしからんが、お前さんもたしなめられて当然のコトやってるワケだからこんなところで聞かないで動けって 誰かに背中押されないと動けないとかソレほんと間違ってるから 趣味なんだから迷惑にならん範疇で好きな事しろよ!

ID非公開

質問者

2019/3/25 21:11

ご回答ありがとうございます。 ブッシュクラフトをする理由は持ち物の軽量化を図るためです。キャンプをする予定ですが、薪ももちろん持参ではなくキャンプ場で買うつもりです。