ここから本文です

okonomimura_n さん 南畝の掛軸とする回答は間違っています。

ohi********さん

2019/3/2709:56:11

okonomimura_n さん

南畝の掛軸とする回答は間違っています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122054751...

署名は南畝ではなく,(与謝)蕪村です。
多分,当人(蕪村)の真筆でしょう。

往生ハ願ひはせぬと
せひなくハ八十八を
越してのち

冥途より
いまにも使
きたりなハ
九十九までハ
留守と
こたへよ

留守といはゝかならす使来るへし
いつそいやしやと
いい切つてやれ

蕪村
〔印〕〔印〕

往生は,願ひはせぬと,
是非なくば,八十八を
越してのち,
冥途より,
今にも使
来たりなば,
九十九までは,
留守と
答へよ。

留守と言はば,必ず使来るべし。
いっそ,嫌じゃと
言い切ってやれ。


どうして,南畝となさったのでしょうかね??
なお,翻字(釈文)にする時は,濁点などは使用しません。

色々と書きまして申し訳ございません。

この質問は、oko********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
40
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oko********さん

リクエストマッチ

2019/3/2716:27:23

ご指摘、ありがとうございました。

落款は、「蕪村」かと疑ったのですが、
狂歌の作者は南畝だというのが通説なので、
文字はともかく、作者は南畝かと考えました。
蕪村が、他人作の狂歌を書いて自分の名を記すと考えることは難しく、
怪しいので、混乱しました。
だれかの贋作、お遊び、という見立てが当たっているかもしれませんね。

  • 質問者

    ohi********さん

    2019/3/2716:52:41

    ご回答をリクエストしまして,失礼を致しました。

    贋作というより,誰にでも分かるお遊びのように思います。モノ自体は相当に年数を経ているようで,江戸後期~明治期の作品でしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/27 18:43:21

お二方,ご回答をどうも有り難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

osa********さん

2019/3/2710:45:35

おっしゃるとおりです。
「蕪村」と書いてありますと回答しようと思ったらBAが選ばれてしまっていました。

同じ方が改めて意味を質問されていたので、その旨はお答えしました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q102054888...

oko******さんが「南畝」としたのは、この狂歌が南畝(蜀山人)の作だというのが通説となっているからでしょう。
https://ja.wikiquote.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%8D%97%E7%95%9D
立川談志の「蜀山人」という落語にも出てくるようです。
https://rakugonobutai.web.fc2.com/242syokusanjin/syokusanjin.html

蕪村がこのような狂歌を作るかというと「?」です。もし蕪村が作った狂歌だとすると通説がひっくり返ります。
南畝の狂歌に蕪村が絵を描いたということも無いとはいえませんが、私はこのお軸は眉唾ものだと思っています。面白いものだとは思いますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる