ここから本文です

会計年度の和暦表記の考え方について。

zzr********さん

2019/3/2711:21:23

会計年度の和暦表記の考え方について。

今年の5月に改元が予定されていますが、5月以降の会計年度の表記について、法律や政令などで決まっているのでしょうか。

仮に新しい元号が「☆☆」だとして、5月以降は「☆☆元年度」とするのか、あるいは会計年度はあくまでも年度開始時点の「平成31年度」とするのか、よく分からなくなりました。
今、とあるシステムの改修をしていて迷っています。もし根拠となる法律や政令などがない場合は、「既にこのような仕様で改修しました」あるいは、「企業会計でこのように対応します」といった実例があると参考になるので、そのような情報があれば教えてください。

閲覧数:
2,726
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2019/3/2821:45:24

本来なら5月以降は「☆☆元年度」とするのが適切ですが、難しいなら「平成31年度」のままでもよいでしょう。

  • 質問者

    zzr********さん

    2019/3/2909:24:20

    回答ありがとうございます。
    しかし、難しいとか易しいという理由で、決められるものではないのですよね・・・。

    > 本来なら5月以降は「☆☆元年度」とするのが適切

    本当にそうでしょうか。その根拠があれば教えてください。


    平成について考えた場合、改元は1989年1月8日に施行されましたが、このとき改元された月(つまり1月)以降が「平成元年度」だったのではなく、4月以降が「平成元年度」でした。

    会計年度や学校年度は4月1日~3月31日の1年間を区切りとして、4月1日のカレンダー上の「年」を使って「○○年度」と表記していると思います。
    このため必然的に1月~3月はカレンダー上の「年」の「前年」を使うことになり、例えば1989年3月に行われた卒業式は「1989年度の卒業式」ということになります。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる