ここから本文です

社会保険労務士合格者です。 現在、税理士法人(30人程度の規模です。)に勤めて...

アバター

ID非公開さん

2019/3/2820:04:31

社会保険労務士合格者です。
現在、税理士法人(30人程度の規模です。)に勤めており資格試験に合格した事を報告しました。会社を辞め提携先として開業しようかと思いましたが、社長にこのまま

社内で社労士業務に携わって欲しいと言われました。私自身今の仕事は好きですし自分のやりたい事にもチャレンジさせていただけるという事で快く了承致しました。登録後の自分の処遇について尋ねたところ会社の一部門として業務をしてもらう訳だから給料を2万程度増やすことは検討するが売上は会社のものだと言われました。確かに何かあっても会社が責任を負ってもらえるという安心感はありますが搾取されているという感覚は否めません。また、辞めて開業するのは構わないが現在弊社と契約している顧客とは関与しないこと。と釘を刺されてしまった為、当初考えていた販路は途絶えてしまいました。

・このまま残って働くか
・独立開業して1から販路開拓していくか
・転職して勤務労務士として働くか

この3つの選択肢が現状考えられると思われますが皆さんでしたらどう判断されますでしょうか。

尚、補足としまして現在の処遇につきましては最低賃金並です。

閲覧数:
891
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/3/3022:28:42

税理士法人内で開業していた経験があります。

社労士として登録し、税理士法人内で開業しない限り、
これまでと同じように社労士としての業務はできないですよ。

上の方も仰せのとおり、登録費用もかかりますし、
年間の会費もかかります。

さらに、社労士として1号2号業務をするのでしたら、
当然に、受託・契約・請求も全部独立させる必要があります。

すべて会社が責任ということはありえないのではないでしょうか。

社労士の名前で社労士の印で業務を代行し、届出するという
のであれば、そのいっさいの責任は社労士にあります。

2万円の流れでは、登録せず、1号2号はしてはいけないと
思います。

有資格者として、3号のみを行うことになるのではない
でしょうか・・・。

せっかくの資格ですが、活かされないように思います。

それから、同業ではないので、開業しても競業避止義務違反には
ならないと思いますけど…。どうでしょう…。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/3/3122:50:51

    現場の生の声を聞かせていただきありがとうございます。
    私自身回答者様がおっしゃる通り社内で1号、2号業務をするには私個人が社労士として開業する他ないと考えられます。ですので社内で独立⇒オフィスの一部を貸出す形で賃借料を請求、ソフトウェアなどの使用料の請求をする事で収入を得るつもりなのかと思われます。その他の経費を差し引いた2万円+今貰っている賃金分を売上として算入するという全く旨みのない話になりそうですが…
    回答者様はどのような形で売上計上されていましたか?上記のようにオフィスの一部に対して賃貸借契約を結ばれましたか?
    何分相談できる方がおりませんのでご教授いただければとおもいます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「社会保険労務士」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

hok********さん

2019/3/3115:27:45

よくある税理士事務所内社労士の飼い殺しですね。
頻繁にあることです。

税理士法人内に、ほかに社労士がいる、又は税理士が社労士資格を持っているなら、別の社労士事務所に転職するほうがいいでしょう。あなたが報われることはありません。税理士事務所内の社労士なんて3流小間使いです。

税理士法人内に社労士がいないなら、そもそも違法です。

1.社内で社労士業務に携わって欲しい
税理士法人で、社労士1号業務は禁止ですが、大丈夫ですか?今までもしかして違法行為中ですか?
また、開業登録してますか?勤務登録の場合は、代表社労士の名で申請や提出はできますが、社労士事務所や社労士法人以外の勤務者の権限は、「社労士を名乗れるだけ」ですので、ご注意を。申請とか提出は違法ですよ。処罰対象は法人ですが、知りながら放置しているあなたの処罰も法的にありえます。

2.売上は会社のものだ
社労士登録した場合に、顧客に対する請求権者は社労士のみです。税理士法人で顧客に請求するだけで既に違法です。だから売上にすることはできません。
売上にするなら税理士法人の定款に、請求代行業務の表示が必要となります。また、税理士法人なので、顧客から源泉徴収していないと思いますが、あなたの請求代行なら源泉徴収義務が発生します。法に基づいて適正な税務処理をしていないなら、税理士法違反ですけどね。

3.何かあっても会社が責任を負ってもらえる
税理士法人は税理士賠償保険に加入しているので、税理士としての損害に対する賠償は責任持てますが、社労士業務に対する賠償は一切負えません。全額法人で賠償するならいいですが、法人はあなたに請求する権利はあります。
まじめに会社が責任とると思ってますか?一緒に謝ってくれるぐらいが最大限でしょう。

4.現在弊社と契約している顧客とは関与しないこと
税理士法人との競業では無いので、競業避止義務に該当しません。顧客に関与した場合に、発生する事項としては、損害賠償ぐらいですが、税理士の交代をしない限り、税理士法人に損害は発生しません。
違法に行っていた社労士手続き業務の請求分が損害になりますが、違法行為による収益の減少は、裁判上の損害として認められません。


一部の税理士事務所内社労士でも、専門家としてきちんとした待遇を得ているかたも多いです。あなたの待遇は「小間使い」ですよ。だから違法だらけの状態になっていると想定されます。

ということで、
税理士法人内に別の社労士がいる → 社労士事務所転職して勤務しましょう。税理士法人の顧客に営業かけても大丈夫です。違法な収益の賠償請求はできません。

税理士法人内に社労士はあなただけ → 開業して、バンバン税理士法人の顧客に営業しても大丈夫。違法な収益の賠償請求はできません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sup********さん

2019/3/3004:11:41

開業社会保険労務士です。
今何歳でいらっしゃいますか?
20代、30代であるなら、2万円UPしてもらって勤務するのが良いでしょうね。

その上で、ご自身の営業の腕を磨いていただくと共に、お客様から絶大な信頼をいただく社会保険労務士となるべく努力を重ねて下さい。

言うなれば、お客様が「社労士は今度独立することとなった質問者さんと契約する。税理士事務所はおたくさんのところで継続するんだから文句はないよね?」と言ってくれる社会保険労務士になれば、社長であろうがなんであろうが文句は言えない、ということです。

もちろんそういったお客様が数社数えられるようになるには3年程度ではどうにもならないかもしれません。
5年、10年かかるかもしれませんから、あるいは状況によってはあなたが社内で社労士部門のリーダーになっているかもしれないわけです。
そうなれば今度は2万UPどころではなく、感のいい代表であれば、こいつを逃したら社労士部門のお客様がごっそり選択替えをしてしまうかもしれない、高額報酬で囲っておいたほうがいいな、と考える可能性すらあります。

また、あなたが若く、税理士法人の代表が10歳も20歳も年上であるなら、お客様先の代表者がご親族内で代替わりをする際に、社労士はあなたで良いけど税理士もあなたみたいな私と同世代の人に変えたいんだよね、なんて言われることも有り得る話です。
そういった「あなたシンパ」の会社さんが両手とは言わずとも片手以上になれば、いつでも独立できますよ。

頑張って、その展開を目指してみて下さい。

rar********さん

2019/3/2915:03:02

てか社内社労士の方がうらやましいですよ。
一番は社保です、あと厚生年金。
かなり地盤やお客様が絶対にたくさんつかまえられる
というのではないなら、勤務社労士が一番うらやましいです。
2万ではなく、3万でお願いといってみては。。。。
それ以上は厳しいかもです。
社労士あっても、社労士で内定もらい勤務できない人は、
かなりたくさんいます。

oko********さん

2019/3/2822:15:59

(-。-)y-゚゚゚
私が考える1番の最善策はもうちょっと給料が上がれば今のままがいいと思います。
社労士になるには年10万円以上の会費とかあり(都道府県によって異なりますが)、会社の売り上げ貢献には新たな勉強や社労士会の研修や顔出しもしなければならず、それなしに貢献は不可能だとお伝えください。
(これは給料のためではなく新しい法改正の勉強や社労士さん同士の勉強会などもあり、役に立つ内容らしいです)

物事を1からするのは素晴らしいですが、現在利用できる人や物があれば有効に活用するのがいいと思います。
また転職して勤務社労士は経験も必要となりますので、少なくとも今ある職場で経験を積んでからでも遅くはないと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

es2********さん

2019/3/2821:47:19

独立開業するなら、新規顧客開拓の営業力が必要です。
社会保険労務士として、販路開拓は難しいですよ。

独立には、
あなたが最終的に自己未来イメージが出来ているかが、大切です。

>社内で社労士業務に携わって欲しいと言われました。

今の仕事をしながら、自己未来イメージを想って見ては?
必ず、必要なヒント、閃き、偶然の出会いが起こって来ます。

それまでは、無理に動かない方が良いでしょう。
私が過去4年間、社会保険業界の営業をして感じたことです。

金額は、社労士資格など関係なく、厳しい業界です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる